秋の熱闘の再戦 春は東海大菅生が7回コールドの圧勝!



東海大菅生先発ピッチャー・中村晃太朗

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 秋の3回戦(ベスト16)での東海大菅生二松学舎大附の試合は、秋とは思えないような高いレベルの激闘であった。その両チームがまたしてもベスト16で激突した。秋と同じく東海大菅生中村 晃太朗二松学舎大附海老原 凪という湘南ボーイズのチームメートでもあった左腕投手が再度先発で対戦した。

 東海大菅生の中村晃は、立ち上がりに不安がある。1回表二松学舎大附の2番・門脇司の四球に続き、4番・右田 稜真が左中間の安打、5番・秋広 優人の死球で満塁となり、6番・有馬 卓瑠の左前安打で1点を先制する。

 しかしその裏東海大菅生は、一死二塁から3番・成瀬 脩人が2ランを放ち、あっさり逆転する。「初球の真っ直ぐを狙っていました」と成瀬は言う。2回戦、3回戦で思うような活躍ができなかったため、積極的に打ちに行ったことが功を奏した一発であった。

 ただこの試合で中村晃は、2回になっても不安定で、2本の安打と四球で一死満塁となり、二松学舎大附の3番・野村昇太郎の左犠飛で同点に追いついた。

 二松学舎大附は同点に追いついたものの、この試合の海老原は、やや力みを感じる投球であった。4回裏東海大菅生は、二死二塁から8番・石田 隆成が右中間を破る三塁打を放ち、再度勝ち越した。石田の打順は本来、1番か2番だ。「当たっていなかったので、楽に打たせようと下位を打たせました」と、東海大菅生の若林弘泰監督は言う。

 東海大菅生は5回裏は二死一塁から、4番・杉崎 成が左中間に神宮第2球場でなくても十分にオーバーフェンスになる特大の2ランを放ち、3点差とした。

 1回、2回と失点した東海大菅生の中村晃は、3回以降徐々に本来の投球を取り戻す。制球は秋ほど正確ではないが、その分、球威は増している。また4回表二松学舎大附の攻撃で、一死一二塁で、2番・門脇がバントをせず見逃すと、飛び出していた二塁走者の海老原は、東海大菅生の強肩捕手・小山 翔暉からの矢のような送球でアウトになった。実は秋の対戦でも小山は、同じような場面で海老原を刺している。「秋と同じ失敗をしている。本人ももっと自覚しないと」と、二松学舎大附の市原勝人監督は語る。

 一方二松学舎大附は6回から海老原に代えて、大庭 颯仁を投入する。大庭は6回のピンチは併殺で切り抜けたものの7回につかまる。7回裏東海大菅生は一死満塁から、この試合は5番に入った西垣 大輝がレフトに二塁打を放ち、2点を入れる。なおも一死二、三塁。2人が還れば7回コールドが成立する場面で、二松学舎大附は、大庭に代えて内井宇竜を投入する。3回戦では好投した内井であるが、この試合では6番・大里 大也に投じた初球をライトに打ち返され、2人が生還。9-2とまさかの7回コールドになった。

 この試合で東海大菅生は若林監督が、「調子がいいから使ってみたかった」という石川聖也を7番・左翼手で起用するなど、新たな戦力を使い競争させながら、秋よりもさらにチーム力を上げている。準々決勝の相手は、日大三東海大菅生の若林監督、日大三の小倉全由監督が夏を見据えながらどのような試合をするか、見逃せない一戦になった。

 一方秋のリベンジを期した二松学舎大附の市原監督は試合後、「力の差です」と語った。ただこの敗戦は、ネガティブな面ばかりではない。二松学舎大附は2年連続で東東京大会を制しているが、2年とも春は大敗であった。「2年続けて甲子園に行くと、背番号一桁をもらっただけで甲子園に行ける気分の子もいる。そう簡単には勝てないことは分かったはずだし、これからは厳しく要求することができまし」と市原監督。この大敗で、二松学舎大附は夏に向けて本格的なスタートを切れたともいえる。ここ2年、二松学舎大附は春から夏にかけてチーム力を引き上げてきただけに、どのようなチームを作ってくるか注目だ。

(文=大島 裕史)
(img055〜佐藤 純一

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。