6回に打線が猛威を振るいコールドで日大三がベスト8を決める!!



先発の松村元紀(都立小松川)

 ダイワハウススタジアム八王子で行われた、第二試合は日大三都立小松川の一戦。

 先攻を選んだ都立小松川の先発は松村元紀が上がる。都立小松川の西山監督は松村について、「元々、コントロールには自信のある投手ですね。緩い球で球速差をつけて打たせて取るタイプの投手です」と語ってくれた。

 その西山監督の評価通りの投球を松村が披露する。
初回に、ヒットを浴びるが緩いカーブで打たせて取る投球で初回を無失点で切り抜ける。

 しかし、2回裏に日大三に先制を与える。
先頭の6番・大城 龍馬に右中間を破るスリーベースを許す。続く、7番・佐藤 英雄の強烈な打球を都立小松川のサード侘美大樹がこれを飛びつきキャッチするビッグプレーが飛び出した。

 侘美は、前回負傷した森瀬勇希の代わりに出場した選手であり控え選手のビッグプレーにスタンドも湧く。その後、8番・石田 拓海にセンターに犠牲フライを打たれ先制される。先頭の大城にスリーベースを許したが、最少失点に抑えた都立小松川は下を向かず声を出して喜ぶ。

 日大三の先発は児玉 悠紀がマウンドに上がる。初回から、投手がブルペンに待機しているのを見るとそこまで長いイニングを投げさせないプランがうかがえる。

 その児玉は、キレのあるストレートを低めに集めて3回までに5奪三振を奪う快投を披露。