「帝京魂!」終盤に気持ちの強さをみせた帝京が逆転サヨナラ勝ち!!



サヨナラ勝ちに喜ぶ(帝京)

 気温も暖かく、ポカポカ陽気で行われた東京都大会4回戦。ダイワハウススタジアム八王子にて、帝京桜美林の一戦が行われた。両校共に、系列で大学も存在しており首都大学リーグで本日同じ対戦カードで組まれているというなんとも偶然な出来事が起きたのは余談である。

 両校、初回から慌ただしい攻撃となる。先攻の桜美林は、先頭1番・渡邉勇大が四球で出塁を果たす。続く2番・小平健太郎がバントをすると、帝京先発の柳沼 勇輝が処理を誤りオールセーフとしてしまう。しかし、後続をキレのある高めのストレートで三振を奪いこの回のアウトをすべて三振で取る。

 桜美林の先発には、斎藤敦也がマウンドに上がる。背番号は10番であるが、事実上のエースとみていいだろう。その斎藤は、立ち上がりいきなり2者連続四球でピンチを招く。このチャンスで、3番・小松 涼馬が初球を引っ掛けてしまい併殺となる。後続の4番・大内 智貴が死球を受けて二死、一三塁とすると5番・浜崎斗馬が上手く右にタイムリーを放ち先制を果たす。

 2回の攻撃は、お互いに3人で攻撃を終えると4回表に再び試合が動きだす。柳沼が先頭をヒットで許すと、続く7番・山本礼央に対してワンストライクを取ったところで、帝京の前田三夫監督が動く。初回から、ブルペンで投球していたエース・田代 涼太がマウンドに上がる。この継投について前田監督は、「柳沼の球が勢いがなくなって来ていたので田代に代えました。元々、4回か5回には行かせるつもりだったので」と継投の意図を語った。その田代は、身長188㎝の大型左腕。身体の開きがやや早いが、力のあるストレートとチェンジアップ、スライダーなどを巧みに投げ分ける剛腕。後続にバントや味方のエラーなどでランナーを、一三塁に背負うと9番・斎藤にセンターにポトリと落ちるタイムリーヒットで同点を許す。しかしここは、最少失点でなんとか凌ぎ勝ち越しは許さない。

 ここまでの、スコアは6回まで1対1と投手戦のように感じるがお互い残塁の数が多いのが印象的。桜美林の残塁が、6回で9残塁。帝京は6残塁を数え、終盤にどちらにチャンスで一本が出るかが見どころである。



小松涼馬(帝京)

 その一本は、先に帝京打線がみせる。簡単に二死を奪われると、1番・菊池祐汰がレフトの頭を越すツーベースヒットで出塁をすると、2番・朝倉 仁哉が内野安打で後続に繋ぐ。このチャンスに3番・小松がレフトにタイムリーを放ち勝ち越しを果たし2対1とする。

 この1点を守り逃げ切りたい帝京だが、桜美林打線が9回に驚異の集中力を見せる。一死後、2番・小平がピッチャー強襲の内野安打を放つ。続く3番・岩田泰佑がこの日4安打目となるヒットでチャンスを継続させる。4番の籾山哲哉をセンタフライに打ち取られ、後がなくなる。ここで、桜美林[/team]の片桐幸宏監督が勝負に出る。