甲子園帰りの国士舘、もう一つ消化不良の内容ながら夏のシード権確保



国士舘・斉藤光瑠君

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 今春、センバツ出場を果たした国士舘だったが、甲子園では明石商に対して自分たちの野球をやらせてもらえないままあっさりと敗退してしまった。そんな甲子園帰りの国士舘が、夏のシード権を賭けた戦いでどんな試合を見せてくれるのか、甲子園ダメージから回復しているのかというところが興味深かった。

 果たして、機動力を生かして、いろいろ仕掛けてくる国士舘らしさは、わずかに初回の攻撃のみで少し示せたのだが、それ以外は永田昌弘監督も大いに不満だったようだ。
 「甲子園に行っただけで満足しちゃっているのかなぁ。一生懸命にやっていた秋の時とは状態が全く違う。普通は経験を積んでいけば、そこで成長していくんですけれども、自分で研究して学んでいくという姿勢が感じられない。すぐに、監督に頼ってくるのだけれども、それでいて言った通りのことが出来ていない。もう一度チームを0にしてやり直していかなくてはいけない」

 まるで、敗戦チームのような発言だった。

 初回の国士舘は先頭の黒川君が中前打すると、すかさず二塁盗塁。バントで一死三塁を作ると、内野ゴロで本塁へ返すというソツのなさ。ここまでは、さすがだと思わせたものの、以降は得点こそ入ったものの決定打を欠いていた。むしろ、相手のミスで貰った得点という形だった。

 3回は二死から四球と失策で走者がたまり、黒澤君の一塁線を破る二塁打で2者が帰った。6回は安打で出た冨田君が暴投と内野ゴロで三塁まで進むと飛球落球で生還。7回は4安打が集中したが、本塁で刺された後、相手の送球ミスで生還という幸運で追加点が入った。

 投手は左腕の斉藤光瑠君が8回まで投げ、8安打1失点。しかし、三者凡退は一度もなく、内野も三つの失策を記録した。このあたりも、永田監督としては不満の要素であったであろう。

 2回戦は延長の末、3対2という三国力監督が想定した通りのスコアで勝利した都立東村山西。「今日は、5対4で勝とうぜ」ということを選手たちには言っていたというが、結果としては6失点となってしまい、奪った得点は1だった。

 それでも、「春季大会はこれで5試合です。チームとしては、試合を重ねながら成長したと思います。こっちがヘマをして、失った点はありましたが、一つひとつの試合で収穫はありました。もうワンステップ成長していくためには、細かいミスを少なくしていけば、夏はある程度は戦えるのではないかと思っています」と、今大会ではチームも大きく伸びたことを実感していた。

 やや変則気味の半トルネード投法とも言えるような内野君だが、球の力はあり、国士舘打線を詰まらせることもあった。この大会で自信を得ていけば、夏は面白い存在になっていきそうな気配は十分に感じられた。

 

(文=手束 仁