3発含む7本の長打で東海大菅生が力でねじ伏せる



シュアな打撃で本塁打、三塁打を放った東海大菅生・小山翔暉君

 パワーと爆発力、選手個々の能力としても1枚上回る東海大菅生。昨秋の東京都大会準優勝校でもあるのだが、その力を十分に示す戦いでまずは夏のシード権を獲得した。

 東海大菅生打線は3本の本塁打を含む7本の長打で、スコアとしては圧倒した。

 初回の東海大菅生は先頭の小山 翔暉君が高い打球を左中間に落とす三塁打で出ると、一死後成瀬 脩人君の犠飛で生還。さらに四球後、西垣 大輝君の右中間二塁打でこの回2点目。

 その後、明大中野八王子の久木田君も右サイドからのクセ球で何とかこらえていた。また、東海大菅生の先発左腕新倉 寛之君も相手打線に絞らせずにきっちりと押さえていく。



東海大菅生先発左腕・新倉寛之君

 そして5回、東海大菅生は小山君の右越ソロで追加点。ここで、明大中野八王子の椙原貴文監督は久木田君を諦めて、浦田君を送り出す。それでも、東海大菅生はさらに6回に西垣君が2ラン、7番大里 大也君も右翼へソロホーマーして3点を追加。試合は完全に東海大菅生の流れとなったかに思えた。

 ところが7回、やや疲れも出てきたのか東海大菅生の新倉君は連打を浴びる。これでマウンドを藤井 翔君に譲ることになったのだが、二三塁となって鶴見君に内野安打が出て、明大中野八王子は何とか一矢を報いた。しかしその後の2イニングは藤井君がスッキリと3人ずつで抑えていく。東海大菅生は9回にも大里君の二塁打などで2点を追加してそのまま逃げ切った。

 東海大菅生の若林弘泰監督は、「今日は最初から晃太朗は使わないで、新倉と藤井の2人の2年生投手で勝とうと思っていました」と、注目のエース中村 晃太朗君を温存して戦うことを決めていたということを明かした。そして、「藤井は元々抑えで行こうと思っていたので、本当は、7回をしっかりと投げてくれて、2イニングを藤井でと思っていたんですけれども、(新倉投手が連打を浴びたので)少し早くなったけれども、7回途中から藤井を投入しました」と、継投の流れを伝えてくれた。

 打線に関しては、「小山を1番に置いたことで、機能するようになってきた」と、リードオフマンの小山君の活躍を評価していた。最も喜んでいたのは、5番に据えた西垣君の本塁打を含む3安打の活躍だった。「一番努力してよく練習する子なんですよ。そういう選手が頑張ってくれるのは嬉しい」と喜んでいた。プロ野球出身者としては、当初はどうしても技術的な要素を優先して起用していっていた中で、「自分も、年齢も重ねていろいろ見えてきました」と高校野球指揮官としての蓄積も感じていた。

 また、3度盗塁を刺されたことに関しては、相手捕手が低い球道でワンバウンドになっていくのだが、それが薄くなった神宮第二球場独特の影響で、ワンバウンドが滑って速くなったという人工芝状態でのことであったというともあり、それほど気にはしていない様子でもあった。

 明大中野八王子としては、7回に何とか1点は返したものの、他のイニングはチャンスらしいチャンスを作ることも出来なかった。

 

(文=手束 仁

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。