日大三・井上、4回奪三振9の好救援で、都立文京を下す



好リリーフを見せた井上広輝(日大三)

【熱戦の模様を50枚のギャラリーでチェック!】

 ダイワハウススタジアム八王子の第二試合は、日大三都立文京の試合となった。

 日大三都立文京は昨年の春は2回戦で対戦し、日大三が6対4で勝ったものの、苦戦した。しかもこの春の日大三は、2回戦で修徳に勝ったものの1対0と打線の調子は今一つ。高校球界を代表する好投手である廣澤 優井上 広輝の2本柱に、打線がどこまで復調したか、注目の一戦になった。

 都立文京の先発は、都立の大型投手・仲亀 烈太。立ち上がりの硬さに加え、日大三を意識したのか、1回表先頭の2人を四死球で歩かせ、日大三の3番・柳館憲吾が送り、4番・宇津木 帝凱の左前安打で日大三が1点を先制。なおも5番・塚越楓太の死球に続き、5番・平野 将伍の中犠飛で1点を追加し、捕逸もあってさらに1点を追加した。

 「初回の3点が痛かったです」と、都立文京の梨本浩司監督は語る。
 仲亀は、2回以降は落ち着きを取り戻し、中盤までは日大三を抑えただけに、立ち上がりの失点が悔やまれた。

 一方日大三の長身・廣澤は、球威はあるものの、低めの制球が定まらず、初回に2個の四球を出すなど、安定感を欠く投球になった。

 都立文京にとっての最大のチャンスは6回裏の攻撃であった。3番・大舘拓馬の四球に、途中出場の4番・近藤秀哉の右前安打で無死一、二塁となる。ここで日大三は廣澤に代えて、井上を投入する。井上は都立文京打線を三振2個に、中飛に抑え、ピンチを切り抜ける。「スピードにこだわらず、7,8割の力で投げましたと」と井上は語る。それでも都立文京の梨本監督は「球の質が違いました」と語る。

 7回表日大三は、1番・前田 聖矢の左前安打に2個の四球で一死満塁とし、5番・塚越が右中間を破る走者一掃の三塁打を放ち、井上が投げていることを考えれば、十分すぎる3点を追加した。

 ここで都立文京は仲亀に代わり中堅手の青木謙太と交代した。青木は四球を1個出しただけで8,9回を三者凡退で切り抜けた。青木は変化球のキレもよく、投手として優れているだけでなく、足も速く、身体能力も高い。都立校でこれだけの2本柱を有していることは珍しい。

 もっとも日大三の2本柱は、さらにその上をいっている、井上は9回を三者三振で抑えるなど、4回で三振を9個奪った。ここ数日は大船渡佐々木 朗希の163キロが話題をさらっているが、最速151キロの井上としても、「ライバルだと思っていますし、負けたくありません。でもまずは甲子園です」と足元をしっかり見つめる。

 それにしても日大三は6対0で勝ったものの安打数はわずか4。日大三の小倉全由監督も「打てないからね」と厳しい表情で語る。
 もっとも都立文京の梨本監督からみれば日大三は、「大事なところでは点を与えませんから」と語る。今年はこれまでの強打の日大三から、2本柱を軸にした守り勝つ野球になっており、それでも強いチームであることに変わりはない。

 一方都立文京は、ノーシードで夏を戦うことになるが、こちらも仲亀、青木の2本柱を中心に、可能性を秘めたチームであることは確かだ。

 

(文=大島 裕史)