公式戦初マウンドで7回被安打1の好投!内井宇竜の好投で二松学舎大附が4回戦へ!



初の公式戦で快投を見せた内井宇竜(二松学舎大附)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 府中市民球場の第2試合は二松学舎大附都立東大和。昨秋の都大会でも対戦しており、その時は二松学舎大附が10対0で勝利している。再び相まみえた両校の一戦は初回から動く。

 先頭の1番・有馬 卓瑠が快足を飛ばして内野安打をもぎとると、2番・門脇司が四球。3番・野村 昇大郎は送りバントを試みるもランナーを送れず、4番・右田 稜真はセカンドライナーに倒れ、二死となる。

 5番・秋広 優人が死球を受けて二死満塁となったところで6番・渡辺陽斗がレフトへ二塁打を放ち、2人が生還。二死から二松学舎大附が先制点をもぎとった。

 さらに3回には4番・右田がショートへの内野安打を皮切りにチャンスを作ると、7番・山田 将義の犠牲フライで3点目。4回には5番・秋広のタイムリーで5対0とする。

 援護をもらった二松学舎大附マウンドの先発は内井宇竜。今大会、初めてのベンチ入りで、初めての公式戦のマウンドに立った内井は「緊張しました」と振り返るが、ストライク先行のピッチングで、都立東大和打線からアウトを重ねていく。

 5回には2番・門脇のホームラン、6回には7番・山田のレフトへのタイムリーで8対0。都立東大和に反撃の隙を与えず、終始試合の主導権を握り、最後は2番手で登板したエース・大庭 颯仁が無失点で締めてゲームセット。7回コールドで二松学舎大附が4回戦へ駒を進めた。

 内井が許したヒットは都立東大和の1番・森郁人が4回にセンターに放った1本のみ。与えた四死球も1つと素晴らしい結果だった。

 その内井の投球フォームで特徴的なのが身体を縦に回転させるということ。持ち球にはカーブや縦のスライダー、そしてフォークと落ちる系の変化球が主体。オーバースローの腕の位置から回転に合わせるように振り下ろすフォームの内井。これにはある狙いがある。

 「以前は自分のボールがシュートしていたので、真っすぐとした回転をボールにかけるためにもしっかり縦に腕を振ろうと思って、身体を回転させています」

 自分の弱みを強みに変えた内井の進化は首脳陣の目に留まった。3月からの練習試合で好投を続け、起用に至った。また2番手には背番号1の大庭も投げさせたことについては、「余裕がある展開で一度マウンドに上げたかったので、これで3投手が公式戦のマウンドを経験できたので良かったです。」とこれから始まる接戦を前に投手陣は準備が整った様子だった。

 しかし一方の打線については、「まだ硬いですかね。もっと打線は勢いに乗っていけると思います。シードも取れたことなので選手たちには気楽にノビノビプレーしてほしいです。」とコメントを残した。

 だが次なる相手は昨秋対戦した東海大菅生二松学舎大附として昨秋のリベンジを果たし、さらなる上位進出を狙いたい。

 

(取材=編集部)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。