斎藤敦也の無四死球の完投で桜美林が4回戦進出!



打たせて取る投球でチームを勝利に導いた斎藤敦也(桜美林)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 昨春4強の創価を破って3回戦へ駒を進めた桜美林。対するはシード校・日体大荏原を乱打戦の末に倒してきた東京成徳大高。勝ったチームがベスト16に入る、重要な一戦が府中市民球場で行われた。

 桜美林の先発は背番号10を付けた斎藤敦也。ややサイドに近いような低い腕の位置から、身体を鋭く回転させる投球フォーム。ストレート、横のスライダーを外角中心に集める投球でゴロアウトを増やしていく。

 その斎藤は初回、東京成徳大高の1番・阿部健太郎にライト線に落とされる二塁打でピンチを背負うと、2番・東野一志の送りバントと3番・高橋諒のショートゴロの間に1点を奪われる。

 追いかける展開となった桜美林だが2回、先頭の6番・菊地優辰がライトへ二塁打を放ち、同点のチャンスを演出すると、7番・小林蓮が送りバント。一死三塁としたところで、8番・山本礼央が三遊間を破るタイムリーで同点に追いつく。

 すると続く3回、桜美林は4番・籾山哲哉が四球を選んで出塁すると、5番・青木裕介のショートゴロなどで二死一、三塁。ここで東京成徳大高バッテリーがエラーをしてしまい、三塁ランナー・籾山が生還。2対1と勝ち越しに成功すると、8番・山本がセンターへのヒットと相手のエラーが重なりもう1点追加。3対1とリードを広げる。

 リードをもらったマウンドの斎藤は持ち前の打たせて取る投球を見せて東京成徳大高打線からアウトの山を築いてきた。

 しかし4回、東京成徳大高の2番・東野にセンター前に運ばれると、エラーも重なり、ランナーは一気に三塁まで進まれ無死三塁。続く3番・高橋にはタイムリーを打たれ、1点を返されて3対2となる。

 次の1点が試合を左右する大事な点数。その1点を掴んだのは桜美林だった。
 6回、先頭の7番・小林と8番・山本の連続ヒットなどで一死一、三塁のチャンスを作ると、1番・渡邉勇大がセーフティースクイズ。これで三塁ランナーの小林が生還して4対2。桜美林がリードを広げた。

 2点のリードをもらったマウンドの斎藤がランナーを背負いながらも粘りの投球を続け、9回は三人で締めてゲームセット。桜美林が4対2で東京成徳大高を下した。

 二塁打2本を含むヒット7本を打たれながらも無四死球で完投した桜美林の斎藤は、「ランナーを出しても粘りの投球をすることが出来たのは良かったです。」と試合を振り返る。

 昨秋は同じ西東京のライバル・東海大菅生の前に破れた桜美林。その試合で先発した斎藤は、「高めの甘いボールは打たれることを学び、オフシーズンは坂道を走るなどして下半身を強化して制球力を磨いてきました。」とコメントした。

 これで夏のシードを確保し、次なる相手は帝京に決まった。
 「今日のようなランナーを出しても粘りの投球ができるようにしたいです。」と意気込んだ斎藤。東の名門相手にどこまで粘れるのか。そのピッチングに注目したい。

 

(取材=編集部)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。