明暗が分かれた両チームの継投策



仲間とグータッチをする井上広輝(日大三)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 初戦の駒込をコールドで下した日大三。対するは日大三とともに東東京の代表として2013年の夏の甲子園に出場した修徳。東西の強豪校同士の対決は緊迫の投手戦となる。

 先攻の日大三は初回、2番・渡辺 凌矢が一死から二塁打を放ちチャンスを作るも、後続が続かず先取点とはならない。

 一方、日大三先発の背番号10の廣澤 優は初回からボールが上ずり少し制球に苦しむ。修徳1番・横手大路には四球、3番・角田紘嗣にレフト前を許す。一死一、三塁と初回からピンチを招いたが4番・染田棟皓と5番・大澤 太一を抑え、何とか無失点で立ち上がる。

 早く廣澤を援護したい打線は3回、二死から4番・宇津木 帝凱と5番・大濱快晴の連続ヒットで一、三塁のチャンスを作る。このチャンスを活かしたい日大三だったが、6番・平野 将伍が三振に倒れる。

 チャンスを逃した日大三。するとすぐさまピンチを迎える。
 3回裏、一死から修徳2番・鈴木 啓太への四球などで二死二塁。ここで4番・染田にしぶとくセンター前へ運ばれ、二塁ランナー・鈴木は一気にホームへ。しかしここは日大三センター・渡辺が見事な送球を見せ、ホームタッチアウト。日大三は何とかピンチを脱する。

 中盤以降、修徳は先発したエース・結城貞斗、日大三は廣澤と2番手のエース・井上 広輝が互いに相手打線を抑えていく緊迫の投手戦が続く。

 しかし8回に試合が動いた。
 日大三は先頭の2番・渡辺が四球を選んで出塁すると、3番・柳舘 憲吾が1球で送りバントを決めて一死二塁とチャンスを演出する。

 このチャンスに応えたのが4番・宇津木だった。
 1ストライクから修徳の2番手・長柄 壮佑が宇津木に投じた2球目をとらえると、打球は三遊間を破るヒット。このヒットで二塁ランナー・渡辺が生還。日大三に待望の先取点が入り込んだ。

 リードをもらった日大三の井上は8回、9回と修徳打線を無失点に抑えゲームセット。緊迫の試合を日大三が制した。

 接戦を演じながら惜しくも敗戦した修徳。しかし先発・結城の低めに丁寧に投げ、コーナーを厳しく突く投球は素晴らしく、日大三打線は結城の投球術の前にヒット5本に抑えられた。

 しかし8回途中で代わった2番手・長柄に継投したところで日大三に点数を与えてしまった。もし継投せずに続投だったらどうなっていたのかわからないかった。

 逆に日大三は6回からエース・井上への継投で修徳打線をキッチリ抑えた。同じ継投策でも結果が大きく分かれる形となった。

 近年、複数の投手で大会を勝ち上がるチームが増えてきた。しかし継投がきっかけで試合の流れが変わるケース自体は珍しくない。やはり継投は難しいということを再確認させてくれるそんな一戦だった。

(撮影=編集部)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。