東海大菅生も追加点を奪い中村を援護したいところだが、5回からマウンドに上がった溝口 雄大の前に沈黙してしまう。その溝口は、癖のないフォームからスピンの効いたストレートを投げ込む2年生左腕。1番・小山や4番・杉崎もインコースのストレートに差し込まれる場面も目立ち今後が楽しみな投手だ。



好リリーフの溝口雄大(八王子)

 溝口の好リリーフに応えたい打線だが、勢いついた中村の前にランナーを出すもののあと一本が出ない。試合はそのまま9回を迎える。先頭の6番・近岡が四球で出塁を果たす。中村が実にこの日6四球目を与え、八王子打線は最終回に勢いに乗りたいところ。この流れは、2回にも同じ場面があり球場の雰囲気のボルテージも上がる。しかし、7番・坂口が3球目を打つとショート正面に打球がいきダブルプレーで万事休す。そのまま、試合終了で東海大菅生が見事に初戦を勝利で飾った。

 再三申し上げたが、この日の中村は調子は良くなかった。奪三振11を奪ったが、与えた四球は6個。この内容に若林監督は、「キレがなかったが、悪いなりに投球してくれた。だが、練習試合でもそうだが四球の多さが目立つので修正をしてもらいたい」と課題を与えた。

 中村本人は試合後、「この冬は球速アップに努めてきました。その分、昨年に比べて四球が多くなってしまいました」と冬の収穫と反省の弁を語ってくれた。

 先日、巨人の高橋 優貴投手がプロ初勝利を挙げたばかりだが、この時期の高橋投手と中村を比較したときの印象は中村の方が数段上だと若林監督は語る。

 「この時期の高橋は、勝てない投手。晃太朗の方が計算できて勝てる投手ですね」と現段階の中村を評価した

 一方敗れた八王子は、ランナーを出し塁上を賑わすもののチャンスにあと一本が出なかった。2回の一死、満塁の場面でもう少し工夫した打撃が見られると勝ち上がる確率が上がるであろう。しかし、夏を前に好投手と対戦出来たことは大きな収穫だと考え、切り替えて夏に向かってもらいたい。

 東海大菅生は、順当に勝ち上がると4回戦で二松学舎大附と対戦する。秋の再戦だけに注目が集まる。OBの活躍やセンバツ出場できなかった悔しさを糧に、この春どこまで勝ち上がるかが見どころだ。

(取材=編集部)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。