2019年04月05日 府中市民球場

早大学院vs足立学園

2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

早大学院が6回のビックイニングでコールド勝ち!



得点を奪う早大学院

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 野球の流れは、突如として大きく変わることがある。このことを、改めて痛感させられたのがこの試合だ。
 春季東京都大会2回戦の早大学院足立学園の対決は、後半に突如として試合がひっくり返る展開となった。

 試合の前半を優位に進めたのは、足立学園だった。
 1回表、二死一、二塁のチャンスを作った足立学園は、5番・大石将也の打席の場面でダブルスチールを試みる。これを早大学院の捕手が悪送球し、二塁ランナーはそのままホームイン。足立学園がいきなり先制点を挙げた。

 さらに4回表、二死ランナーなしの場面で、打席に入るのは6番・下平翔。初球の真っすぐを強振すると、打球はバックスクリーン横に飛び込むソロホームランとなり、足立学園が貴重な追加点を挙げることに成功した。
 前半の5回を終えた時点で得点は2対0。ここまでは、足立学園が試合を優位に進めいているように見えた。

 だが後半に入った6回、突如として早大学院打線が火を噴き始める。
 無死一塁から3番・岡原悠斗がセンターオーバーのスリーベースを放って1点を返すと、なおもランナーを三塁に置いて4番・薗部将大がレフトへのツーベースを放って同点に追いつく。



追撃のタイムリースリーベースを放った岡原悠斗(早大学院)

 足立学園としては、ここで食い止めておきたいところであったが、ここで痛恨のミスが続いたことで早大学院の勢いに拍車をかける。6番・山縣秀のセーフティスクイズで、野手のファンブルから得点を許すと、その後もパスボールや押し出しの四死球が続き、失点をどんどん重ねていく。

 最後は、二死満塁から9番・大瀧駿平がライトへのタイムリーヒットを放ち、早大学院がこの回12点目を挙げたところでコールドゲームが成立。早大学院が、足立学園を12対2の6回コールドで下して、3回戦進出を決めた。

 試合後、早大学院の木田茂監督は、6回にビックイニングを作った打線を称える一方で、次戦に向けた課題も早くも口にした。
 「一本打ちだすと続いていく打線です。6回に上手くビックイニングを作ってくれました。課題は投手力です。何とか戦えるようにしていきたいと思います」

 勝利した早大学院は、3回戦で帝京と対戦する。力のある打線が、都内屈指の強豪を相手にどこまで通用するか注目だ。

(撮影=栗崎 祐太朗)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
東海大菅生や日大三、帝京などが3回戦を突破!8試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
帝京vs早大学院【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
早大学院vs八王子実践【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
熱戦続く東京の春!4試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
第5回 早稲田実業と早大学院のユニフォームの違いってどこ?大学系列校のユニフォームトリビア!【「奥深い高校野球談議」ライター・手束仁×副編集長・河嶋宗一 】
都立城東vs早大学院【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
第792回 甲子園の経験者が多く残る日大三と二松学舎大附が軸!秋季東京都大会の展望を占う【大会展望・総括コラム】
第768回 経験者が残る日大三、二松学舎大附ともに秋は実力校と対戦!都大会出場を巡り各ブロックで好カードが満載!【大会展望・総括コラム】
早稲田実業vs早大学院【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
青山学院vs足立学園【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権東東京大会】
第706回 好カード続出!?1つも気が抜けない今年の西東京を抜け出すのは?【大会展望・総括コラム】
第706回 好カード続出!?1つも気が抜けない今年の西東京を抜け出すのは?【大会展望・総括コラム】
第385回 早稲田大学高等学院 柴田迅選手「負けても淡々と。柴田が見せたクレバーな一面」 【2016年インタビュー】
足立学園 【高校別データ】
早大学院 【高校別データ】
春季東京都高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

早大学院いつも観てます学院応援団 2019.04.08
本当の文武両道ってかっこいいです

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る