国士舘 消化不良の展開も堅実な追加点で勝利



国士舘・白須仁久

 大会5日目に入り、秋季都大会の優勝校で、センバツ出場校の国士舘が登場した。過去の大会の大会でも、センバツ出場校は、春季都大会の初戦で苦戦することが多い。国士舘もやはり、苦しい戦いを強いられた。

 国士舘が苦戦した最大の要因は、立志舎のエース・秋山大空渡の好投だった。秋山は、左腕の横手投げで、変化球を駆使して丁寧な投球をした。

 国士舘は1回表、2番・黒川 麟太朗の中前安打、3番・鎌田 州真の左前安打を、立志舎の左翼手がバウンド判断を誤り二塁打となり、一死二、三塁とし、4番・冨田 洋佑の右犠飛で1点を先制した。

 しかしその裏立志舎は、1番・今野聡太が振り逃げで出塁すると、2番平岡陸大が送り、3番・小林幸平は中前安打。国士舘外野陣の守備の乱れもあり、立志舎は同点に追いついた。

 国士舘の先発・白須 仁久は、初回に失点したものの、球威では圧倒しており、2回以降は走者を出しても、危なげのない投球をする。

 けれども打線の方はピリッとせず、2回表は安打と四球と犠打で一死二、三塁のチャンスを迎えながらも得点できない。

 3回表国士舘は、2番・黒川が内野安打で出塁すると、すかさず二盗し、3番・鎌田の犠打で三塁に進み、4番・冨田は遊ゴロ。遊撃手か田一塁に送球される間に、黒川は生還した。このあたりは、国士舘らしいスキのない走塁であった。

 5回表には二塁打の富田が、秋山のワイルドピッチで三塁に進み、6番・澤野 智哉のスクイズが決まり1点を追加。

 8回表には左前安打の7番・山田 裕也が犠打と犠打野選で三塁に進み、黒川の中犠飛で4点目を入れた。適時打がなくても得点できるのは国士舘のうまさであるが、全体としては、立志舎・秋山の巧みな投球に、打ちあぐねたという感じがする。

 一方、秋は6、7回で交代していた国士舘の先発・白須であるが、この試合では完投ペース。しかし6回は四球を2個出すなど制球を乱す回もあり、8回で降板。9回裏は左腕の石橋 大心がリリーフに立った。

 ところが石橋は、立志舎の6番・佐藤大河、8番・一条航太と下位に二塁打2本を浴びて失点するなど、課題の残る投球になった。

 国士舘の永田昌弘監督は、「相手のピッチャーがいいので、打てないことは分かっていました。白須は完投できるようにさせたいですが、あれが限界です。チームの作り直しですね」と、憮然とした表情で語った。

 センバツでは1回戦で明石商に完敗。国士舘は春季大会を戦いながら夏に向けてのチーム改革に取り組むことになる。

 敗れた立志舎であるが、都立昭和を破ったのに続き、国士舘にも善戦。夏はノーシードながら、相手校にとっては不気味な存在になろうとしている。

 

(取材=大島 裕史)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。