最後まで勢いを失わなかった啓明学園がサヨナラで3回戦へ



粘りの投球で延長10回を投げ切った二宮悠河(啓明学園)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 今や都大会出場の常連となり、上位進出も不思議ではないレベルにきた日本ウェルネス。対する啓明学園も、元プロ野球選手の芦沢真矢監督が就任以来、着実に力をつけていき、昨秋には遂に都大会への進出を果たした勢いのあるチームだ。試合は、延長までもつれ込む激しい接戦となった。

 まず先制したのは日本ウェルネスだった。
 1回表、一死三塁から3番・山西 嘉偉がライトオーバーのタイムリースリーベースを放って1点を先制すると、なおも一死三塁から4番・大田圭介がライトへの犠牲フライを放つ。この回、2点を先制した日本ウェルネスは、2回にも1番・福田優のタイムリーで2点を追加。4点を先制し、試合を優位に進めているかに見えた。

 だが、点差が4点になった直後の2回裏、啓明学園も反撃に出る。
 二死一塁の場面から、9番・二宮悠河がレフト線を破るタイムリーツーベースを放って1点を返すと、なおも二死二塁から1番・佐々木陽平がレフトへタイムリーツーベースを放つ。続く2番・荒谷柊哉も、ライトオーバーのタイムリースリーベースを放ち1点差に迫った啓明学園は、3回にも2本のタイムリーが飛び出して逆転に成功。形成を逆転し、試合は啓明学園のペースになった。

 試合は序盤から激しい点の取り合いとなったが、中盤に入ると一転して試合は投手戦に入っていく。
 啓明学園の先発・二宮悠河と、2回途中からマウンドに上がった日本ウェルネスの先発・五十嵐 裕希が粘りのピッチングを展開し、スコアボードには「0」が並んでいく。
 試合は5対4のまま、最終回に突入した。



サヨナラ勝ちを決めた啓明学園

 このまま啓明学園が逃げ切るかと思われたが、日本ウェルネスはここから粘りを見せる。
 9回裏、日本ウェルネスは相手のミスなどから一死満塁のチャンスを作ると、打席には1番・福田優が入る。福田はこの緊張感高まる場面できっちりと犠牲フライを放ち、日本ウェルネスは土壇場で同点に追いついた。
 試合は延長戦へと突入する。

 同点に追いつかれ、意気消沈したかと思われた啓明学園だが、意外にも勢いを失った様子は一切なく、むしろベンチの雰囲気は良くなる一方のように見える。そしてその勢いは、劇的なサヨナラ勝ちを生み出した。
 10回裏、啓明学園は一死二塁と一打サヨナラのチャンスを作ると、打席には1番・佐々木陽平が入る。カウント1ボール1ストライクからの3球目を強振すると、「何を打ったか覚えていません」と語った打球はレフトの頭を超える劇的なサヨナラタイムリーヒットなった。啓明学園は、6対5で日本ウェルネスを下して3回戦進出を決めた。

 試合後、啓明学園の芦沢監督は、延長10回を戦い抜いた選手たちを手放しで褒めたたえた。
 「選手たちが良くやってくれましたし、二宮も良く投げてくれました。(サヨナラ打を放った)佐々木陽平も、昨日は12時くらいで練習は終わりましたが、4時くらいまで残って練習していました。努力した成果が出ると、こちらとしても嬉しいですね」

 勝った啓明学園は、8日に江戸川区球場にて都立片倉と対戦する。この試合で見せた勢いが、次戦でも発揮されるか注目だ。

(撮影=栗崎 祐太朗)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。