新オーダーの早稲田実、後半大量得点で佼成学園を突き放す



外野手に転向した4番・生沼弥真人

 早稲田実業の春のメンバーで目立つのは、秋までは外野手だった茅野 真太郎が捕手になっていることだ。「(もともと正捕手だった)長谷川が肩を痛めたこともあるのですが、茅野はスローイングがいいので、冬場にキャッチャーの練習もさせていました」と和泉実監督は語る。

 茅野は打順も1番から3番になり、1番には、秋までは下位を打つことが多かった北村 広輝が座ったことで、打線に安定感が出てきた。さらに一塁手だった生沼 弥真人は、外野手になり、一塁手には身長190センチ、体重110キロと見るからに大柄な西口純正が入った。また早稲田実業は20人の出場登録枠に18人しか登録していないが、1年生の追加登録はせずに、18人で春季大会を戦うとのことだ。

 試合は序盤、佼成学園の左腕のエース・森 士恩石元 悠太郎のバッテリーの緩急や内外角をうまく使い分けた考えた投球で早稲田実業打線を抑える。4回表佼成学園は6番・白畑雄大の本塁打で先制するなど、前半は佼成学園のペースであった。しかし、この一発が早稲田実業打線に火をつけた。

 5回裏から早稲田実業は、先発の宇野 竜一朗に代えて、エースの伊藤 大征が登板。6回表に佼成学園の四ツ谷和樹に本塁打を打たれたものの、容易に得点は与えない。

 早稲田実業打線は5回表には7番・西口の二塁打に始まり、9番・梅村 大和、3番・茅野の適時打などで3点を挙げたのに続き、6回表は梅村の3ランなどで試合を決めた。

 8回表には先頭打者の佐渡楓を三振に仕留めたはずが振り逃げになり、佼成学園は一気に崩れる。この回6安打に1死球でこの回大量7点を挙げ、8回コールドが成立するリードを奪った。

 佼成学園は中盤まで粘ったものの、力尽きた。

 一方勝った早稲田実業は、秋とは一味違う強力打線になりつつあり、今後の戦いが、注目される。

 

(取材=大島 裕史)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。