2019年04月03日 ネッツ多摩 昭島スタジアム(昭島市民球場)

都立小松川vs国際基督教大高

2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

2度のビッグイニングを作った小松川が圧勝



小松川・水野凛斗君

 天気はいいが、上空は強く風が舞っているというコンディションだった。だから、飛球が上がると気をつけないといけないなと言うところはあったであろう。
 今大会は登録人数12人ながら、昨秋は一次ブロック予選を勝ち上がって本大会出場を果たした国際基督教大高(以下ICU)。どんな戦いをするのかと注目していた。

 そのICUに対して春のブロック予選では都立四商を破って勝ち上がってきた都立小松川。赴任5年目となる西山翔監督は、「今年の上級生たちは、私がここへ来た中では一番能力がある子たちが集まったのではないかと思っています。だから、少しはやれるかなとは思っていました」と、好感触を得ていたという。
 その言葉通り、都立小松川は初回にICUの先発小牧君の制球難にも乗じて3四球などで一死満塁として、5番石井君が中前打してまず2点。さらにバント安打などもあって、再び満塁として7番大関君が三遊間を破って3点目。ここで、ICUの信田実監督は小牧君を早々に諦めて、この日三塁手として出場していた1番をつけた白鳥君をウンドに送った。しかし、勢いづく都立小松川は白鳥君に対しても澤砥君、矢井君と下位打線も連打してこの回6点を奪った。

 さらに2回にも二死一塁で6番水橋君が風にも乗って右越三塁打を放ってさらに1点を追加した。
 そして、2点を返された3回。その裏の攻撃は一死から3連打に失策や3連続四球、満塁一掃の水野君の三塁打などで打者14人の大量11点が入って試合を決定づけた。

 ICUとしては、3回に庄司君の二塁打と押し出しなどで2点を返したもののそこまでだった。
地域でも上位の進学校でもある小松川は、週2回は17時15分に完全下校、他も18時には部活終了というルールがある。そうした条件の中で西山監督は、「選手が自分たちで考えて話し合っていくという姿勢を作らせることで、選手たちが積極的に取り組んでいくようになってきました。それが、いい形になっていっていると思います」と、選手たちの成長も実感していた。

 都内東寄りの地区では都立城東都立江戸川をはじめ、場合によっては都立小山台など通学圏内に有力な都立校が多くある。そんな中に、割って入っていきたいという姿勢を示す意味でも、今大会の初戦突破は大きかったと言えよう。

 

(取材=手束 仁

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
日大三vs都立小松川【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
東海大菅生や帝京などが4回戦を突破!4試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
東海大菅生や日大三、帝京などが3回戦を突破!8試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
都立小松川vs都立八王子北【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
国士舘vs国際基督教大高【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
国際基督教大高vs都立日野台【東京都 2018年秋の大会 東京都大会 一次予選】
都立江戸川vs都立小松川【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権東東京大会】
第600回 【東京都展望】混戦が予想される今秋!大会序盤で早稲田実業・関東一などの優勝候補同士が激突か?【大会展望・総括コラム】
国際基督教大高 【高校別データ】
都立小松川 【高校別データ】
春季東京都高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

都立小松川歴史を作れ野球親父 2019.03.23
久しぶりの都大会。緊張はあるかと思うが、負けて元々のつもりで、楽に戦え。ただ、相手は同じ高校生。目の前のボールに集中して、積極的なプレーを心がければ、女神はこちらに微笑むだろう。皆でコマ高野球部の歴史を作れ。

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る