エース・早川大生の初完封で共栄学園が投手戦を制する



完封勝利を挙げた早川大生(共栄学園)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 江戸川球場で行われた共栄学園堀越の一戦は、緊迫の投手戦となる。

 共栄学園は初回、一番・岩﨑柊哉がセンター前ヒットで出塁すると、2番・藤田俊祐の送りバントと3番・早川 大生のライトフライで二死三塁とする。しかし4番・渡邉英介がピッチャーゴロに倒れ、堀越先発・海野晋史朗から先取点を奪えない。

 その裏、マウンドの早川は堀越の2番・滝田友哉に死球、3番・鈴木賢太にレフト前とピンチを作るも、後続を断ち切りこちらも無失点で初回を終える。

 互いに2回を抑えて迎えた3回、共栄学園の攻撃で試合が動く。
 二死から1番・岩﨑が再びセンター前で出塁すると、2番・藤田が右中間を破る三塁打。これで一塁ランナー・岩﨑が一気にホームに返り共栄学園が先制する。

 援護をもらった共栄学園の早川は、ストレートと縦の変化球を外角に集める投球で堀越打線に反撃の糸口を与えず、リードを守る。

 すると5回、共栄学園9番・澤田勇志と1番・岩﨑、さらに3番・早川のヒットで一死真満塁とすると、4番・渡邉がインハイに来た厳しいボールを引っ張って二塁打。ランナー2人が返り、3対0と共栄学園がリードを広げた。

 今日の共栄学園の早川にはこの3点で十分だった。

 後半に入っても、低めに丁寧に集めつつボールの出し入れで相手打線からアウトの山を築く。気が付けば9回まで進み、最後は代打の酒井太嗣をショートゴロに打ち取りゲームセット。共栄学園が3対0で投手戦を制した。

 見事完封を成し遂げた共栄学園・早川は試合後、「初めて9回まで投げて完封できたので嬉しいです」と少し緊張しつつも笑顔で答えてくれた。

 さらに、「序盤の雰囲気から投手戦だろうと予想はできていました。その中で初回からストレートはコースにしっかり投げて、カーブも低めに決められていたので調子自体は良かったので、最初から飛ばしました」と振り返った。

 早川は昨年の夏から投手に力を入れはじめ、秋から本格的にピッチャーとして活躍し始めたそうだ。今ではチームのエースとして引っ張ってるが、その早川選手を原田健輔監督は、「1年生からベンチに入っていて経験もありますし、期待もしていました。ただ今日のピッチングは3月からのオープン戦を含めて一番良かったと思います」と大事な初戦での活躍を称賛した。

 一方の打線は堀越の海野投手から少ないチャンスをものにして3点を奪った。その海野投手への攻め方について、「序盤は低めのゾーンを狙うように指示を出していました。ですが途中から相手バッテリーが変化球中心に配球が変わったので、今度は高めのゾーンを待っていました。ただ海野投手の失投が来てくれたので点数に結び付くことができました」と原田監督は語る。

 最後の1本が出せないことに課題を感じていた原田監督だが、次戦はシード校・世田谷学園となる。原田監督は世田谷学園に特別な想いがある。
 「初めて監督としてチームを率いた大会で、世田谷学園に負けているんです。結果は後からついてくると思いますが、まずは成長した姿を見せられれば」と因縁の相手との勝負へ向けて強い決意を語った。

 原田監督にとってのリベンジマッチは4日(木)に八王子球場で行われる予定だ。

(取材=編集部)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。