昨夏準優勝校が貫録の7回コールド発進!



ランニングホームランを放ち仲間と喜ぶ都立小山台2番・佐藤晃(写真中央)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 エース・戸谷 直大を擁し、昨春の大会ではベスト8、そして夏は東東京で準優勝の結果を残した都立小山台。一方は予選で都立高島を破ってきた都立清瀬。都立勢同士の対決は初回から互いにプレッシャーをかけあう。

 先攻の都立小山台は1番・池本 仁志が四球を選ぶと、2番・佐藤晃がすかさず送りバント。これがライン際の絶妙な場所を転がり佐藤もセーフ。続く3番・森喜洋も送りバントを決めて一死二、三塁。

 このチャンスで4番・上江洲礼記はセカンドゴロに倒れるも、三塁ランナー池本が生還。都立小山台がヒット1本で先取点を奪う。

 続く2回には二死満塁から2番・佐藤が俊足を飛ばして内野安打をもぎとりさらに1点を追加。2対0と序盤の主導権を握る。

 都立小山台の先発は背番号11の伊藤勝真。右腕を使って身体の開きを抑えたフォームからブレーキの利いたカーブ、スライダーなどを低めに集める。またコースにしっかり投げ分ける丁寧な投球でゴロを打たせて守備からリズムを作ることができる投手。

 その伊藤はランナーを得点圏に背負いながらも最後の一本を許さない粘りの投球で、リードを守ると都立小山台は4回、2番・佐藤のレフトへのランニングホームランなど一挙4得点を奪う。

 6回にも2点を奪って8対0としていた都立小山台だったが、都立清瀬の反撃にあう。
 5回からマウンドに上がっていた都立小山台2番手・美﨑丈和が2番・今井浩之に四球を与える。すると3番・寺谷隆志にレフト前へ運ばれピンチを広げると、4番・都築昌矢に右中間へタイムリーを許して都立清瀬に2点を返される。

 それでも7回、二死から1番・池本がライトへの三塁打と相手の中継ミスを逃さない盗塁で一気にホームを陥れ、9対2。都立小山台が初戦をコールドで突破した。

 試合後、ランニングホームランを含む3安打を放った2番・佐藤は「初戦で難しいところもあると思ったので、守りから我慢していこうとチームでは話していました」と試合を振り返る。

 その上でランニングホームランについては「(相手投手のボールが)来ていなかったので、引きつけようと話はしていました。長打は良く出るのですが、ホームランはないので素直にうれしかったです」と語ってくれた。

 今日の都立小山台は序盤、都立清瀬の齋藤祐太の緩い変化球の前に引っ掛ける打球が目立った。このことを踏まえて都立小山台の福嶋正信監督は「予選を勝ち上がってきて相手には勢いがあります。ですが選手には、8割くらいの力でムキになるなと伝えました。でも最初は力んで身体の開きが早かったですね」と苦笑いしつつ振り返った。

 それでも初戦を勝利し、2回戦へ進んだ。次戦に向けて主将の池本は、「一戦必勝で臨みたいです」と語った。

 次なる相手は都立狛江。夏のシードを奪取するために、目の前の相手にベストを尽くしていく。

(取材=編集部)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。