14得点を奪った佼成学園がコールド発進!



14得点で初戦を突破した佼成学園

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 西東京の強豪・佼成学園。対するは好投手・渡邊 充を擁して予選から都大会まで勝ち上がった工学院大附。渡邊投手相手に佼成学園はどう攻め立てるのか、注目の一戦は思わぬ展開となる。

 初回、先頭の1番・小池 裕斗が四球を選ぶと、なんとそこから4者連続で四球。佼成学園は押し出しで先制点を奪う。なおもチャンスで6番・堀川拓真が渡邊の外角に来たストレートをライトへはじき返すなどこの回打者一巡。一挙5得点で主導権を握る。

 佼成学園先発は背番号2を背負った石元 悠太郎。ストレート主体としたピッチングで、工学院大附2番・石川和樹にヒットを許すものの、後続を断ち切りチームに勢いを与える。

 佼成学園は2回にも5番・鈴木悠哉と6番・堀川の連続タイムリーなどで4得点。9対0と大量リードを奪うと4回にも5点を追加する。

 大量援護をもらった佼成学園の石元は4回、二死から連打を浴びて一、二塁とするが、サード・小池の好守備などで切り抜ける。

 最後は工学院大附の9番・岩瀬海斗の二塁打と石元自身のエラーで1点を失うが後続のバッターを打ち取ってゲームセット。14対1で佼成学園が初戦を勝利で飾った。

 5回1失点で完投した石元投手に試合後に話を聞くと、「予選でホームランを放った濱田 圭一郎選手など打撃がいいチームだと聞いていたのですが、ストレートで押していく自分らしい投球を意識しました。」とコメント。

 その後続けて、「課題の立ち上がりをクリアできましたが、フォアボールを出しているのでまだまだです」と収穫と課題を口にした。

 その石元を4回に好守で救った小池選手は、「肩には自信があるので、普段から一歩目を大事にプレーをしています。キャッチャーの構えを見ながらインパクトの瞬間にスタートを切れるように身体を動かして準備できたからだと思います。」と話してくれた。

 試合後、藤田直毅監督に小池選手のプレーについて聞くと、「肩は元々良くて、捕球の方に課題がある選手なのですが、あそこは失点する可能性もあったのでいいプレーでした」と称賛した。

 さらに背番号2の石元選手を先発させた理由について、藤田監督は「バッティングが良いということと、チーム事情で昨秋からピッチャーをやらせています。負担は掛けていますが、彼は中心選手なので。」と話す。

 次なる相手は同じ西東京の早稲田実業。「部員全員でぶつかっていければ夏に向けて良い材料になると思うので、頑張ります」と意気込みを残した藤田監督。夏の大会に向けて前哨戦でどんな戦いを見せるのか。彼らの戦いに注目だ。

(取材=編集部)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。