都内に現れた190センチ右腕・渡辺充(工学院大付)が無失点ピッチング!



渡辺充(工学院大付)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 東京都でも知る人ぞ知る大型右腕・渡辺充(工学院大附)。190センチ89キロと規格外の体型は一目で目に付く。NPB球団のスカウトも足を運び、注目が集まった初回のピッチングは三者凡退に抑える。渡辺はどっしりとした下半身、しなやかな肩肘と投手として理想的な体型。左腕のグラブを斜めに掲げて、内回りのテークバックからトップを作り、リリースに入る。まだ回旋が弱いのが気になるがそれでも常時130キロ前半(最速136キロ)ながら重量感たっぷりのストレートは確かに非凡なものがある。スライダー、カーブを適度に投げ分けながらピッチングを構成する。

 渡辺にとっては昨秋の国士舘戦以来のマウンド。最初は硬く、120キロ後半の速球もあったが、徐々に肩にほぐれ、135キロ前後の速球を投げ込んで、勝負していく。総合力的には今年の東京でも上位に入るものは見せてくれた。素材の奥行きに関しては同じ大型右腕の廣澤 優日大三)にひけをとらないものがある。

 対する都立武蔵野北の先発・一井 日向汰(新2年・178センチ68キロ)もなかなかの好左腕。かつて都立総合工科で石川 柊太を育てた千葉 智久先生の指導によって伸びた投手だ。

 体の近くできれいに内旋をしながらトップを作る投球フォームから繰り出すストレートは常時120キロ~125キロながら、ピュッと伸びていく球質でワンテンポタイミングが遅れる。スライダーや千葉監督直伝のチェンジアップを織り交ぜながら高めのつり球を使って三振を奪うなど、新2年生としてはなかなかの実力。まだベース盤での強さがなく、強烈な変化を描く変化球がないので、現状の腕の振りを生かせる変化球をマスターして、常時のスピードが5キロ~7キロぐらい上がれば、さらに打ちにくい投手になりそう。


一井 日向汰(武蔵野北)
 やはり強さがないので、4回から工学院大附打線はとらえ始める。4番高野の安打、5番森山の場面でヒットエンドランを敢行し、見事に成功。一、三塁のチャンスから6番松本の左翼線を破る適時二塁打で1点を先制。さらに7番渡辺が犠飛を放ち2点目を入れる。6回表には敵失、1番遠藤の適時打で2点を追加し、さらには7回表、3番濱田 圭一郎がセンターへ本塁打を放つ。
「変化球から入ったので、ストレートを狙っていたので、打った瞬間、本塁打かなと思いました」
と手ごたえはばっちりだった。濱田は184センチ82キロの大型スラッガーで、チーム一の飛距離を誇るという。10本塁打以上を放っており、ゆったりとした構えから弧を大きく描いたスイングは迫力があり、まだこんな逸材がいるのかと驚きが隠せなかった。8回表、打線がつながり、打者10人の攻めで、6得点を入れ、11点を入れた。