2019年03月21日 桐朋高校西グラウンド

郁文館vs都立久留米西

2019年春の大会 春季大会 一次予選 代表決定戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

3安打3打点!3番・竹村が大活躍で郁文館が都大会へ!



本塁打を放った竹村侑翔(郁文館)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 日本ハムファイターズの左投手で活躍した田中幸雄氏が監督としてチームを牽引する郁文館都立久留米西の一戦。

 都立久留米西の先発・江森聖斗はストレートが決して速いわけではないが、緩い縦のスライダーを低めに丁寧に集める投球。このピッチングの前に、郁文館打線はランナーを出すものの2回までは無得点に抑えられる。

 しかし2巡目に入った3回に都立久留米西の江森を捉える。
 郁文館の1番・福與翔吾が四球と盗塁でスコアリングポジションに進む。ここで打席の3番・竹村侑翔が内角の甘い変化球を思いきって振り抜くと、打球はライトへグングン伸び、そのままフェンスオーバー。

 試合の均衡を崩す先制弾で郁文館が試合の主導権を握る。

 リードをもらった郁文館先発の古矢彩冬は、右腕を壁にして開きを抑えつつ、軸足にタメを作ってから投げていく、スリークォーターの技巧派左腕。

 その古矢は4回に都立久留米西の2番・豊田帆にライト前にヒットを許すも、後続のバッター打ち取り、チームに流れを寄せていく。

 追加点を奪ってさらに試合を優位に進めたい郁文館は5回、一死から3番・竹村が今度はライトへの三塁打でチャンスメイクすると、4番・山崎欧介がレフトに二塁打を放って竹村が生還。続く6番・飯高皓大がセンターに犠牲フライを放ち、郁文館が4対0とさらにリードを広げる。

【次のページ】 郁文館vs都立久留米西(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
都大会でも活躍に注目!21日に行われた4試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
都立東大和が郁文館を下し本大会に進出!2試合を徹底レポート!【秋季東京都大会一次予選】 【ニュース - 高校野球関連】
都立東大和vs郁文館【東京都 2018年秋の大会 東京都大会 一次予選】
明星vs都立久留米西【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
郁文館vs正則学園【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権東東京大会】
都立久留米西vs都立南平【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
第500回 明星(東京)自分のために練習を『やる』チームが目指すはベスト4常連校【野球部訪問】
都立高島vs郁文館【東京都 2017年秋の大会 東京都大会】
第286回 【東京本大会展望】各ブロックに強豪が集結!ブロック別で有力校を紹介!【大会展望・総括コラム】
第74回 郁文館高等学校(東東京)【僕らの熱い夏2014】
郁文館 【高校別データ】
都立久留米西 【高校別データ】
春季東京都高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る