序盤で大量点を奪い、試合を決めた総合工科が余裕を示す



投球術の上手さに定評のある総合工科・野本君

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 会場校として、運営にも気を使っている都立総合工科だが、やはり負けたくないというのは当然のことである。また、会場校の責任としても、ブロック予選は勝ち上がっておかなくてはいけないという思いも強いだろう。世田谷区の住宅街に大きなグラウンドを抱えており、前身の世田谷工時代から都立校としては有数の恵まれた環境の学校としても知られている。

 現状11人の都立桜町都立総合工科に挑むという形になったが、力の差は否めないというのは正直なところだった。

 じゃんけんで勝って先攻を取ったという都立総合工科は初回、先頭の西岡君が内野安打で出ると死四球で満塁とする。ここで4番石原君が中前打してまず2人を帰す。さらに秋山君も中前打で続くと、暴投もあって得点が重なり、一死後国崎君が左翼線へ二塁打するなどしてこの回だけで打者11人で、5安打3四死球、2つの暴投なども絡んで7点が入った。

 さらに2回にも都立総合工科は6番に入っている野本君の三塁打や国崎君のタイムリー打などで3点。3回も石原君の右越三塁打で1点を加えるなどして着実に得点を重ねて行って、5回コールドゲームとした。

 そして先発した野本君が、4回を投げ、弘松恒夫監督も「試合をまとめられるので、どんな相手であっても計算は出来る」と信頼の高い杉原君が1イニングを投げて、都立桜町打線には1本の安打も許さないという継投だった。

 公式戦初先発という野本君も、弘松君の起用に応えて、立ち上がりこそやや緊張感があって請求で少し苦しむところもあったが、そこをこらえたら、2、3回は3人ずつで抑えるなど自分の投球が出来ていた。

 弘松監督としても、「初めて組んだバッテリーだったけれども、初回はやや緊張して思うようにならなかったみたいだけれども、その後はいいリズに乗れていたのではないか」と満足はしていた。

 都立桜町は初回こそ失策と2四球で満塁と反撃機を作ったものの、結局攻めきれなかった。終わってみたら、5イニング都立総合工科の両投手から安打すら奪うことが出来なかった。

(取材=手束 仁

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。