2019年03月17日 総合工科高校グラウンド

都立総合工科vs都立桜町

2019年春の大会 春季大会 一次予選 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

序盤で大量点を奪い、試合を決めた総合工科が余裕を示す



投球術の上手さに定評のある総合工科・野本君

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 会場校として、運営にも気を使っている都立総合工科だが、やはり負けたくないというのは当然のことである。また、会場校の責任としても、ブロック予選は勝ち上がっておかなくてはいけないという思いも強いだろう。世田谷区の住宅街に大きなグラウンドを抱えており、前身の世田谷工時代から都立校としては有数の恵まれた環境の学校としても知られている。

 現状11人の都立桜町都立総合工科に挑むという形になったが、力の差は否めないというのは正直なところだった。

 じゃんけんで勝って先攻を取ったという都立総合工科は初回、先頭の西岡君が内野安打で出ると死四球で満塁とする。ここで4番石原君が中前打してまず2人を帰す。さらに秋山君も中前打で続くと、暴投もあって得点が重なり、一死後国崎君が左翼線へ二塁打するなどしてこの回だけで打者11人で、5安打3四死球、2つの暴投なども絡んで7点が入った。

 さらに2回にも都立総合工科は6番に入っている野本君の三塁打や国崎君のタイムリー打などで3点。3回も石原君の右越三塁打で1点を加えるなどして着実に得点を重ねて行って、5回コールドゲームとした。

 そして先発した野本君が、4回を投げ、弘松恒夫監督も「試合をまとめられるので、どんな相手であっても計算は出来る」と信頼の高い杉原君が1イニングを投げて、都立桜町打線には1本の安打も許さないという継投だった。

 公式戦初先発という野本君も、弘松君の起用に応えて、立ち上がりこそやや緊張感があって請求で少し苦しむところもあったが、そこをこらえたら、2、3回は3人ずつで抑えるなど自分の投球が出来ていた。

 弘松監督としても、「初めて組んだバッテリーだったけれども、初回はやや緊張して思うようにならなかったみたいだけれども、その後はいいリズに乗れていたのではないか」と満足はしていた。

 都立桜町は初回こそ失策と2四球で満塁と反撃機を作ったものの、結局攻めきれなかった。終わってみたら、5イニング都立総合工科の両投手から安打すら奪うことが出来なかった。

(取材=手束 仁

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
都立小山台、都立片倉、足立学園などが初戦突破!【春季東京都大会・2日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
東京都一次予選突破に貢献した5選手を紹介!!【今日のコム注】 【ニュース - 高校野球関連】
都立東村山西vs都立杉並工(派遣:都立総合工科)【東京都 2019年春の大会 春季大会 一次予選】
第72回 金田留広の晩年 都立総合工科の投手陣にとって欠かせない名投手コーチとなっていた【高校野球コラム】
都立総合工科vs都立足立新田【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
都立総合工科vs芝vs都立片倉【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
第706回 好カード続出!?1つも気が抜けない今年の西東京を抜け出すのは?【大会展望・総括コラム】
第706回 好カード続出!?1つも気が抜けない今年の西東京を抜け出すのは?【大会展望・総括コラム】
都立東大和vs都立総合工科【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
都立総合工科vs八王子実践【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第129回 3年生座談会 都立総合工科高等学校(東京)「野球の神様が降りてきた夏」【Vol.3】【僕らの熱い夏2017】
第128回 3年生座談会 都立総合工科高等学校(東京)「土壇場の逆転劇を魅せてついにベスト16へ」【Vol.2】【僕らの熱い夏2017】
都立桜町 【高校別データ】
都立総合工科 【高校別データ】
春季東京都高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

都立桜町都立勢の対戦、何が起きるかわからない野球部OB 2019.03.16
勝つ喜びを皆で味わってもらいたい。もちろん応援に行きます。頑張れ桜町ファイト
都立総合工科燃えよ若獅子mr.baseball 2019.03.12
原点に戻ってみよう。
何の為に総工で野球をやっているのか。
誰の為に今野球を続けているのか。
再確認して心をリセットしてみよう。
必ず答えが出るはずだ。
あいつじゃない、君がやるのだ。一人ひとりが気持ち入れ替えて一瞬を大切にして行くのだ。
常勝若獅子たれ!

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る