巧みな3人の継投を示した芝、序盤のリードをキープしそのままで逃げ切る



芝の先発・田中総悟君

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 序盤にリードを奪ったが、3人の投手を巧みにつないでいって、追いすがる都立町田を振り切って勝利をもぎ取っていった。

 立ち上がり、やや力んだかボールが先行して少し苦しい投球となったものの、何とか四球の2走者の生還を防いだの先発・田中総悟君。その裏のは、先頭の菊池聡君がいきなり中越三塁打。二死となったが、4番菊地 一君が中越三塁打して先制。さらに、5番大野君も左前打で三走を帰して2点を先取。さらに、2回にも二死二塁から1番の菊池聡君が中前タイムリー打して3点目。3回には、3番橋本君が右中間三塁打すると、続く菊地一君が中前打で帰して都立町田の先発小熊君を攻略した。

 ここまでは、が一方的と言っていいくらいに自分たちのペースで試合を進めていた。

 しかし、4回から、都立町田の石毛直人監督は先発小熊君を諦めて、右下手投げの小池君を投入。小池君は最速110キロも行かないくらいの緩い球が持ち味なのだが、この投球が上手くはまって、打ち気になっていた打線が沈黙した。そして、ここで試合そのものの流れも変わってきた。

 5回に都立町田は、この回から田中君に代わったの2人目原野君に対して、2三振を喫していながら二死二塁という場面で2番松岡君が右前打して一気に二走の柴田君が帰って1点を返す。さらに8回、3人目の平田君に対しても、2三振で二死後4番榎本君がはじき返すと、これが中越ランニング本塁打となって、2点差と迫った。

 ただその裏、は打ちあぐんでいた小池君に対して、二死二塁から6番井上君が中前打して二走を帰して突き放した。展開からしても、としては大きな意味のある貴重な追加点となった。

 の田中央監督は、「序盤のスタートは非常によかったのですが、投手が代わって下手投には完全にハマってしまいました。くずせそうで崩せないというもどかしい展開になってしまいました。チームのまとまりとしては、かなり良くできてきたなと感じています」と、投手が安定しているだけに、一泡吹かせていきたいという思いも強くあるようだった。

 

(取材=手束 仁