全力疾走を貫いた都立小岩がコールド勝利!



都立小岩先発ピッチャー・渡部 竜輔

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 春季都大会一次予選第4ブロック。第2試合目、都立小岩都立橘の都立校同士の対決は創価高校東大和グラウンドで行われた。

 試合が動いたのは3回表。都立小岩、この回先頭1番・渡辺壮太郎が内野安打で出塁。ここから相手が四球とエラー重ね、2点を先制する。

 勢いのついた都立小岩は、その裏の守備を打者3人で終わらせると、4回表、無死から7番・吉川 峻平のレフト頭上を越える二塁打を皮切りに、打線が爆発する。

 続く8番・橋詰善彦がきっちりと犠打を決めると、9番・渡部竜輔がレフト前安打を放ち、7番・吉川をホームに返し3対0。1番・渡辺がセンター前安打を放った後、都立橘に追い打ちをかけるように、3番・永島健寛がレフト頭上を越えフェンス直撃の三塁打。

 

 都立橘もこれに焦ったのか、ここから四球とエラーが再び出てしまう。しかしここでチャンスを逃さないのが都立小岩。さらに点を重ねこの回は7得点のビッグイニングになった。

 5回表、この回先頭8番・橋詰が四球で出塁すると、パスボールで進塁し無死二塁。9番代打・堀田篤生が犠打を決めて一死三塁。1番・渡辺がライト前安打を放ち、8番・橋詰がホームに返る。エラーと四球で一死二、三塁とした都立小岩は、3番・永島がライトに犠牲フライを放ち11対0とし、見事5回コールドゲームで試合を終えた。

 試合を観戦していて、都立小岩がこの試合で積極的に盗塁を仕掛けてを5つ成功させた。試合中の移動も必ず全力ダッシュ。守備につく際、フォアボールになり一塁に行く際、アウトになりベンチに戻る際なども、ベンチの選手から「ダッシュダッシュ!」と大きな声が出ており、声で相手を圧倒している部分もあった。

 また1試合目の青梅総合と学芸大国際の試合もそうだったが、勝敗を大きく分けたのは、打線の勢いはもちろんだが、エラーと四死球の数だと考えられる。

 この試合、都立橘は伊藤鳳雅と岩崎誠也2人で四死球9つ。勝利した都立小岩は渡部と大谷峻平、同じく2人で四死球は2つ。この差は非常に大きいものである。

 今日の試合を終えて、次の対戦は青梅総合と都立小岩に決まった。どちらもエラーがなく守備が安定しているチームである。次戦でも果たして今日のように両校打線は爆発するのか。都大会出場を決めるのはどちらになるのか非常に楽しみなところである。

(取材=編集部)