日大鶴ヶ丘が11得点で5回コールド勝ち!学習院は攻略の糸口見つけ出せず



先制の3ランを放ちハイタッチを交わす谷口慧悟と中阿地(日大鶴ヶ丘)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 昨年の100回選手権西東京大会では、決勝まで進出した日大鶴ヶ丘。主力選手が多く抜けたとは言え、昨秋のブロック予選1回戦敗退の結果は大きな屈辱であっただろう。
 日大鶴ヶ丘は、その悔しさをぶつけるかのような試合を見せた。

 1回表、日大鶴ヶ丘は一死一、二塁のチャンスを作ると、打席には4番・谷口慧悟が入る。甘く入った直球を振りぬくと、打球はレフトフェンスを越えていく先制のスリーランホームランになった。
 この回さらに1点を挙げた日大鶴ヶ丘は、初回だけで4得点。強烈な先制パンチを食らわせて、試合の主導権を握った。

 日大鶴ヶ丘の先発マウンドに立ったのは、背番号11を背負う清野佑馬。公式戦のマウンドに立つのはこれが初めてだというが、初登板を微塵も感じさせない安定感抜群の投球を見せる。
 日大鶴ヶ丘の萩生田監督も「一冬越えてボールも力強くなって、変化球もキレが出てきた」と語るように、力強いストレートとスライダーを軸にして、学習院打線に隙を与えない投球を見せる。



先発の清野佑馬(日大鶴ヶ丘)

 その後も、日大鶴ヶ丘打線は学習院の先発・鈴木を攻め続けて着実に追加点を重ねていく。
 4回に、3番・清野の左前タイムリーで追加点を挙げると、5回には3本のタイムリーなどで一挙6得点。これで点差を11点に広げた日大鶴ヶ丘は、そのまま5回コールドで代表決定戦進出を決めた。
 学習院は、清野の前に僅か2安打に抑えられ、反撃の糸口を見つけることが出来ないまま力負けした印象だ。

 試合後、日大鶴ヶ丘の萩生田監督は昨秋からのチーム状況を解説して、この春季大会の意義を語った。

 「シーズンが始まってから、試合があるたびに本塁打が出ていて、トレーニングを中心にやってきた冬の成果が今出せていると思います。また、ウチの弱点だったバッテリーも少しずつ克服されてきたことも、この半年の収穫です。
 このチームは経験がない子達が多いので、この春は一つでも公式戦を経験して、自分たちの足りないところを感じて欲しいです。夏にピークを迎えられるチームにしたいなと思いますので、逆にマイナスの課題を出してほしいなと思います」

 日大鶴ヶ丘は3月21日に、都大会への出場を懸けて芝浦工大高と対戦する。捲土重来を期す日大鶴ヶ丘の、この春の戦いぶりに目が離せない。

(取材=栗崎 祐太朗)