芝浦工大高打線が力を見せる!序盤の猛攻で代表決定戦へ



得点を挙げる芝浦工大高

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 昨秋、芝浦工大高はブロック予選の代表決定戦で、早稲田はブロック予選の1回戦でそれぞれ敗れている両校。互いに夏の上位進出に向けた足掛かりを作りたい春季大会だが、試合は初回から激しく動く展開となった。

 1回表、早稲田は、芝浦工大高の先発・松下敬也の制球が安定しないところを攻めて一死満塁のチャンスを作る。このチャンスで5番・加藤聡太がライト前へタイムリーを放つと、続く6番・多田健人も押し出し四球を選んでで追加点。初回に2点を先制して、幸先の良いスタートを切ったかに見えた。

 だが、芝浦工大高もすぐに反撃に出る。先頭の1番・関陽太郎がヒットで出塁し、一死三塁までチャンスを拡大すると、3番・淺野久麗の遊ゴロの間に1点を返す。
 早稲田も2回表に、3番・伊藤光洋のタイムリーで再び点差を2点に広げるものの、この試合では芝浦工大高の打線が活発だった。

 2回裏、芝浦工大高は一死一、二塁から8番・岩下智樹の2点タイムリーツーベースで同点に追いつくと、その後岩下は三塁に進塁し打席には9番・松下敬也が入る。松下の打球はサードへのゴロとなるが、この間にサードランナーの岩下がホームへ生還し逆転に成功する。
 芝浦工大高の攻撃はこれで終わらない。その後さらにチャンスメイクして、一死満塁のチャンスを作ると、3番・淺野が中犠飛が放ってさらに1点を追加する。



先発の松下敬也(芝浦工大高)

 古川監督が「冬場は打力アップに取り組んできたので、よく打ってくれた」と語ったように、打線が力を見せた芝浦工大高は、試合の流れを手繰り寄せることに成功した。
 芝浦工大高は、3回にも満塁から8番・岩下の犠牲フライで1点を追加し、続く4回裏にも5番・西野瑞都のライト前タイムリーで追加点。その後も打線が繋がり、着実に早稲田との点差を離していった。

 何とか点差を縮めていきたい早稲田は、5回に1点、最終回にも3点を挙げる粘りを見せるが、追い上げも及ばず、結局試合は10対7で芝浦工大高が勝利した。

 試合後、古川監督は「試合への準備期間も短く、思った以上に春の初戦の難しさを感じました」と語り、打撃戦となった序盤の攻防を振り返った。
 次の代表決定戦の相手は、昨年の100回選手権西東京大会で決勝まで進出した日大鶴ヶ丘に決まったが、古川監督は「いいチームばかりですが、ウチの野球ができれば戦っていくことはできると思います。それが一番難しいとは思いますが、心を含めた準備をしっかりやって望みたいと思います」と語り、日大鶴ヶ丘戦に向けた意気込みを口にした。

 芝浦工大高日大鶴ヶ丘の代表決定戦は、3月21日に日大鶴ケ丘高校グラウンドの第2試合で行われる。都大会本戦への出場を懸けた一戦に注目だ。

(取材=栗崎 祐太朗)