都立葛飾商・神薗、自信の一打で左腕同士の投げ合いに決着をつける



好投した信太柊人(葛飾商)

 都立葛飾商都立日野台の一戦は、スライダーとチェンジアップなどで緩急をつけた投球が光る似たタイプの左腕同士の、白熱の投手戦になった。

 1回表都立葛飾商が、都立日野台の先発・岡田大翔から1番・永森亮光、3番・信太柊人から二塁打を放ち、あっさり1点を先制した時は、投手戦の流れは予想できなかった。

 その裏、タイムリー二塁打を放ち気持ちが乗った都立葛飾商の信太が、三振2個を含む三者凡退で抑えると、2回表は、都立日野台の岡田が、同じように三振2個を含めた三者凡退で抑え、試合は急に引き締まってきた。岡田の奪三振ショーは続き、5回までに8個の三振を奪った。

 一方都立葛飾商の信太は丁寧な投球で3回までノーヒットピッチングを続ける。ところが都立日野台は4回表、この回先頭の3番・石原諒太郎がチーム初安打となる二塁打を放つと、続く4番・中山海斗は左前安打。これを左翼手がハンブルする間に石原が生還し、あっさり同点に追いついた。さらに四球が続き、無死満塁と、都立日野台には一気に勝負を決めるチャンスであった。しかし都立葛飾商の信太は持ち直し、都立日野台の下位打線を内野フライ2個と三振に抑え、勝ち越しは許さない。勝負としては、これが大きかった。

 信太は5回からは再び落ち着いた投球で、大崩れはしない。都立葛飾商打線は2回以降、都立日野台の岡田に完璧に抑えられていたが、7回あたりから徐々に合い始める。

 8回表都立葛飾商は一死後、3番・信太のセンターへの大きな飛球を、都立日野台の中堅手・石原が背走して好捕し二死になった。ところが4番・池間敦也が内野安打で出塁すると、5番・高井優翔は四球で出塁。続く6番・神薗宏成が打席に立つと、ベンチから「打てるか」の声がかかり、神薗は元気よく「打てます」と答えた。都立葛飾商の山田康平監督は、「期待している子なんですが、委縮して、自信がないところがあります。自分からプラスの言葉を発信させたくて声をかけました」と語る。

 神薗は山田監督の期待に応え、右前安打を放ち、池間が生還。貴重な勝ち越し点を挙げた。ベンチの期待に選手が応えた、価値のある一打になった。

 都立葛飾商は9回表にも永森の二塁打などで2点を挙げて試合を決めた。

 両チームの力はほぼ互角であったが、後半気持ちが前向きになった分、都立葛飾商に勝利の女神が微笑んだ。

 都立日野台は、岡田は力のある投手だけに、夏に向けては、打線のレベルアップがカギになる。

 勝った都立葛飾商は、次は本大会出場をかけて専大附と対戦する。「この勢いを大切にして、我慢のできる試合をしたいです」と都立葛飾商の山田監督は語った。

(取材=大島 裕史)