2019年03月17日 桜美林高校グラウンド

専修大附vs都立大島(派遣:都立文京)

2019年春の大会 春季大会 一次予選 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

専大附、集中打で都立大島の好投手荒田を打ち崩す



都大島・荒田奏斗

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 キューバ遠征のメンバーには選ばれなかったものの、秋季大会終了後に行われた、東京代表の選考会で、ひと際目を引いたのが、都立大島荒田 奏斗であった。ストレートの球威、スライダーなど変化球のキレも素晴らしかった。ただし、現在の部員は7人。春季大会は、都立文京から3人の選手派遣を受けての出場であった。合流したのは試合の前日。それでも荒田は、「チームの壁を感じずにできました」と語る。実際、試合会場では都立文京の野球部員が多数来て、都立大島の選手たちにも声援を送り、チームの雰囲気は良好だ。

 試合は1回表、専修大附の先発・川俣心が、都立大島の攻撃をテンポよく三者凡退で抑えると、投手戦になる可能性もあった。

 ところがその裏、荒田が専修大附の1番・氏原海翔を四球で出すと、2番・石井颯太のバントは内野安打になった。そして4番・片倉勇樹がレフトオーバーの二塁打を放ち、専修大附が1点を先制。続く5番・小川晃生の左犠飛でさらに1点を追加した。

 都立大島の荒田はモーションの際に、投げる方の腕である右手を高く挙げる独特のフォームをしている。ただその時に足が止まり、審判から二段モーションの指摘を受けたことで、途中からクイックの投げ方に変えた。そのせいか、やや精彩を欠いたものの、2、3回は三者凡退に抑える。特に3回は1番から始まる相手打線から三振を2個奪うなど、大器の片鱗をみせた。

 一方都立大島は、2回、3回と走者を2人ずつ出したものの、あと1本が出ず得点できない。チャンスで1本出ていれば、試合の流れは変わったかもしれない。



4安打の専大附4番・片倉勇樹

 逆に専修大附は、4回裏に4番・片倉と6番・柿木涼太の二塁打で1点。8番・池上空輝の右前安打でさらに1点を追加。5回裏には二死満塁から柿木の2打席連続となる二塁打で2点を追加した。「ランナーがたまった時に制球が甘くなりました。ランナーがいない時と同じような投球ができるように、コントロールをつけないといけません」と荒田は、試合後に語っている。

 とはいえ、あと1点入れば7回コールドが成立する状況で、都立大島や派遣の都立文京の選手たちは粘り、6,7,8回とピンチが続いたが、ここは得点を許さなかった。

 一方で都立大島は7回表に一死一塁で、1番・山住魁斗の左中間を破る二塁打で、四球で出た一塁走者の福田悠太郎(派遣・都立文京)が一気に生還して1点を返した。さらに専修大附が投手を鴨志田航太に代えたところで、4番の佐藤真美が左前安打を放ち山住も生還した。

 都立大島の攻勢は続き、9回表もこの回先頭の9番・福田が右前安打で出塁すると、1番・山住がこの試合3本目となる二塁打を放ち、一塁走者の福田は、一気に本塁を突く。一旦はアウトになったが、途中遊撃手と接触したことが走塁妨害となり、福田の生還は認められた。さらに2番・山口来佳が四球で歩いたところで、鴨志田は降板。3番手の木下耀がマウンドに上がった。「最後は度胸を買って、投げさせました」と専修大附の岩渕一隆監督が言うように、球威は前に投げた2人ほどではないものの、物おじしない投球で失点を犠飛による1点に抑え、専修大附が逃げ切った。

 都立大島は敗れたものの、部員7人で練習も限られている中で、しっかりとしたプレーをしていた。敗れたエースの荒田は「夏は練習でやったことを100%出せるようにしたい」と語った。力のある球を投げるだけに、夏に成長した姿をみたいものだ。

 一方勝った専修大附は、修学旅行やスキー合宿などの学校行事のため、選手が全員集まっての練習がなかなかできなかったようだが、春季大会を戦いながら、チーム力を引き上げようとしている。

(取材=大島 裕史)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
春季東京都高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る