明暗分けた6回の攻防



先制タイムリーを放った加藤涼介(東海大高輪台)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 昨夏の東東京でベスト8に勝ち上がった東海大高輪台。対するは、西東京大会3回戦で日大鶴ヶ丘と接戦を演じた都立永山。東東京の強豪として、都立永山の挑戦を受ける形となった東海大高輪台だが、前半は苦戦を強いられる。

 東海大高輪台の先発・佐相圭祐は身体を上手く縦に回転させる、滑らかな投球フォームが印象的な右投げのオーバースロー。その佐相は4回まで都立永山打線をヒット1本に抑える。

 一方、打線は都立永山の先発・小田嶋颯の縦に鋭く振り下ろされる右腕から投じられる威力のあるストレート。そして曲がりの大きいスライダーを軸としたピッチングを前にエンドランなど仕掛けるも、4回までヒット3本に抑えられてしまう。

 すると5回にピンチを迎える。
 この回からマウンドに上がった東海大高輪台の2番手・山田祐己が一死からヒットやエラーで二死一、三塁とすると、2番・長田圭史には四球を出して二死満塁としてしまう。先制点を与えるピンチだったが、3番・本澤滉佑を見逃し三振に斬ってとり、ピンチを凌ぐ。

 前半は都立永山が勢いに乗り、東海大高輪台は耐えることになったが、後半は立場が一転する。

 6回、先頭の2番・三浦諒大が四球を選びチャンスを作ると、3番・藤原弘也は送りバント。得点圏で4番・木下 優成はサードゴロに倒れ二死二塁。ここで5番・加藤涼介がライトヘタイムリーを放ち、待望の先取点が東海大高輪台に転がり込む。

 リードを奪った直後の東海大高輪台の守備。都立永山の5番・齊藤 大輝のセンター前と6番・井上詩音の送りバントで二死二塁と今度は同点のピンチを背負う。しかし都立永山の7番・丸尾岳央を空振り三振に斬ってとり、再びピンチを脱する。

 これで勢いづいた東海大高輪台打線が終盤に機能し、終わってみれば8対0で東海大高輪台が勝利する形となった。

 試合後、先制タイムリーを放った加藤に話を聞くと、
 「1、2打席目で開きが早く引っ掛けたゴロばかりになっていたので、インコースに絞ってセンター返しを意識していました。自分の一打でチームに勢いを作れたので良かったです」と語ってくれた。