2019年03月16日 片倉高校グラウンド

都立上水vs東京電機大高

2019年春の大会 春季大会 一次予選 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

食トレ合宿でパワーアップ!都立上水が5回コールド勝ちで5季ぶり勝利!



5番ファースト・竹内涼(都立上水)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 都大会出場を争う春季東京都大会一次予選。寒空の中、行われた都立上水vs電機大高の一戦。試合は都立上水が優位に進めた。

 まず1回裏、一死二、三塁から4番菅原の2点適時打で2点先生。さらに相手のみすなどもあり、3点を先制。3回裏、押し出し四球や内野ゴロ、そして二死から1番石井陽人の走者一掃の適時三塁打などで5点を入れ、5回裏にも8番合代健汰の適時打で9対0として、二死から2番後藤陽平の適時打で適時打で10点目を入れ、5回コールド勝ちを決めた。

 この試合で注目したいのは都立上水の選手たちの体つきだ。下半身ががっしりしており、その体つきは私立の選手に負けていない。その蓄えたパワーを生かして振りぬく打球は力強かった。

 この肉体は1月に行われた食事トレーニングメインの合宿で作り上げた。都立上水は毎年1月にサイズアップを目的に学校でこの合宿を行っている。まず朝10時に自宅から持ってきたたっぱのごはんを食べ、さらに選手17人に対し、ハヤシライス80人前を食べるなど、とにかく量を重視して体を大きくする。その食事トレーニングと並行して、筋力トレーニングを行った。

 その取り組みは実を結び、1番捕手の石井が6キロ増量したのを筆頭に、多くの選手が2キロ~3キロの増量に成功した。主将の久郷光は「冬を超えて、打者は打球が遠くへ飛び、投手は球速が速くなりました」と手ごたえを実感。レギュラーの選手を見ると、多くが下半身を使ってスイングする狙いが見え、打球も力強い。都立高としては鍛えられているチームだ。

 個々の選手を見ていても面白い選手が多く、1番石井は巧打の捕手。164センチ60キロだが、小回りが効いたレベルスイングから繰り出す、打球は速く、投手を盛り立てるリードやフットワークの良さも光る。石井の兄・石井一輝さんは福生高のエースで活躍した右腕。その兄に負けないセンスを持ち、もともとはショートだったものの、インサイドワークの高さを買われ、本格的に捕手に専念した選手だ。

 5番竹内涼は178センチ80キロの一塁手で、体格、打球の速さは私立の選手にひけをとらないものがある。どっしりとした構え、手元で強く押しこむことができており、二塁打を放った打球は鋭いものがあり、エースで4番の菅原勇大は左腕あら120キロ弱のストレートを微妙に動かし、スライダーを投げ分け、5回を投げ、1安打無失点に抑えた。昨夏は背番号3で出場しており、チームで最も飛ばす選手のようで、トップの4本塁打を放っている。

 次は八王子実践との対戦。主将の久郷はこの試合の内容では厳しいと語る。「今日はミスが多かったですし、逆にコールド負けしてしまう内容でした。もう一度、課題が出たところを反省して代表決定戦に臨んでいきたいと思います」と5季ぶりの勝利をしても、気を緩める様子はなかった。

 久郷が語る通り、苦しい冬の練習の成果が問われるのは次の八王子実践戦。初戦と比べ打者のレベル、投手のレベルも格段に上がる相手に対して都立上水はどんな試合を見せるのか。

(取材=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
桐朋vs都立目黒【東京都 2019年春の大会 春季大会 一次予選】
日大二vs筑波大附【東京都 2019年春の大会 春季大会 一次予選】
聖パウロ学園vs大東学園【東京都 2019年春の大会 春季大会 一次予選】
駿台学園vs城西大城西【東京都 2019年春の大会 春季大会 一次予選】
都立青山vs日大豊山【東京都 2019年春の大会 春季大会 一次予選】
東京都一次予選開幕!12試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
都立の強豪、好投手対決!都立小山台、転がす打球で紅葉川・小山を攻略!5試合を徹底レポート【東東京大会】 【ニュース - 高校野球関連】
第499回 【西東京展望】日大三、早稲田実ブロックに入った有力校は?シードを脅かすノーシードの実力校を紹介!【大会展望・総括コラム】
第46回 成城高等学校(東京)【僕らの熱い夏2015】
都立上水 【高校別データ】
東京電機大高 【高校別データ】
春季東京都高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

都立上水祝・勝利!REAL T.G.J.S. 2019.03.16
今季初戦での初勝利おめでとう!
収穫と課題をしっかり見つめて、
本戦への切符を掴みに行こう!
東京電機大高がんばれ母校須田昶司(旧名・寿) 2019.03.14
16日に試合があるんですね。私は昭和52年3月に電大高を卒業した者です。今は共学にもなりだいぶ学内の様子も変わったかと思われます。野球部、一戦ずつ全力で!

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る