2019年03月16日 日大三高グラウンド

豊島学院vs都立五商

2019年春の大会 春季大会 一次予選 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

4番・小池を中心に打線爆発で代表決定戦へ!



8回コールドで勝利した豊島学院

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 日大三グラウンドで行われた豊島学院都立五商の一戦は初回から動いた。

 豊島学院の1番・小池凌輔がライト線を破る二塁打でいきなりチャンスを演出すると、二死から4番・小池 純平のセンター前で小山がホームイン。続く5番・西田 航介と7番・山下稔哉にもタイムリーが飛び出し豊島学院が3対0と試合の主導権を握る。

 その裏、都立五商の1番・西本文耶のライトフェンス直撃の二塁打を皮切りに1点を失うも、豊島学院は相手のバッテリーエラーと、4番・小池の犠牲フライで追加点を奪い、5回終了までに5対1とする。

 豊島学院の先発は背番号6の石黒藍。初回こそ失点したものの、カーブと縦のスライダー、そしてストレートを組み合わせ、2回以降はランナーを出しても粘りのピッチングで都立五商の反撃を許さない。

 ダメ押しの1点を奪って試合を決めたい豊島学院は8回、1番・小山がレフトへのヒットを放つ。続く2番・石黒は相手のエラーでチャンスを広げると3番・橋元脩人のライト前で1点追加。さらに4番・小池の3打点目となるタイムリーなどでこの回一挙4得点で9対1。

 これで試合を決めた豊島学院都立五商を下して、代表決定戦に駒を進めた。

 試合後、豊島学院の佐久間一樹監督は「最初は選手たちが緊張していて硬かったですね(笑)本来はもう少し打てるはずなので、タイミングの取り方などを修正して次の試合では確実性を上げつつ、自分たちの野球ができればと思います。」と、反省と次戦に向けての修正点を話した。

【次のページ】 豊島学院vs都立五商(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
豊島学院vs都立葛飾野【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
東京都大会が開幕!6試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
東京都一次予選突破に貢献した5選手を紹介!!【今日のコム注】 【ニュース - 高校野球関連】
桐朋vs都立目黒【東京都 2019年春の大会 春季大会 一次予選】
日大二vs筑波大附【東京都 2019年春の大会 春季大会 一次予選】
聖パウロ学園vs大東学園【東京都 2019年春の大会 春季大会 一次予選】
駿台学園vs城西大城西【東京都 2019年春の大会 春季大会 一次予選】
第67回 豊島学院(東京)新聞作りでより理解した大切な仲間たちを陰で支える【頑張る!マネージャー】
第46回 成城高等学校(東京)【僕らの熱い夏2015】
都立五商 【高校別データ】
豊島学院 【高校別データ】
春季東京都高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

都立五商変化の一年に…五商応援団 2019.03.17
何かが変わる一年にきっとなる!新体制になり今までとは違う第五商野球部に間違いなくなってる❗️君たちなら出来るめざせ1勝、頑張れ第五商ナイン❗️

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る