2019年03月16日 日体荏原高校多摩川グラウンド

成城vs松蔭・和光

2019年春の大会 春季大会 一次予選 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

関恭輔が勝ち越しアーチ!終盤の猛攻で成城が代表決定戦へ



勝ち越しのホームランを放った関恭輔(成城)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 本日から開幕した春季東京都大会一次予選。日体荏原高校多摩川グラウンドでの第2試合は、成城松蔭和光の合同チームの対戦となった。

 試合は中盤まで競り合いとなる。
 まずは3回裏、松蔭和光は先頭の2番・藤原光希がスリーベースで出塁すると、3番・荒井颯太のレフト前タイムリーで1点を先制する。

 だがその直後の4回表、成城もすぐに反撃に出る。一死から、5番・且元康治郎、6番・石田義人の連続ヒットで二、三塁とチャンスメイクすると、7番・黒田笙矢のレフト前タイムリーですぐさま同点とする。

 その後両チームは、互いに1点ずつを取り合い、2対2の同点の状態で6回を終える。取られた取り返す、見応えのある僅差の競り合いとなったが、終盤に入ると試合が一気に動き出す。

 7回表、成城は二死ランナーなしの状態で、打席に3番・関恭輔を迎える。
 「直球だけを狙っていた」という関は、甘く入った直球を強振すると、打球はレフトフェンスを越えていく勝ち越しのソロホームランとなった。



11奪三振を奪い3失点完投勝利を挙げた中澤佑真(成城)

 このホームランで勢いづいた成城は、この回に一気に畳みかける。その後、二死二、三塁とチャンスを広げると、6番・石田義人が右中間を破るタイムリースリーベースを放って2点を追加。
 8回にも相手のパスボールで1点を追加した成城は、粘る松蔭和光を振り切り、6対3で代表決定戦に駒を進めた。

 試合後、成城の金木監督は、中盤から変化球の待ち方を変えたことを明かした。
 「今日は、相手投手の変化球を上手く捉えることが出来ていませんでした。なので、4回くらいから『泳いでいいから前で叩こう』と指示を出しました」

 勝ち越しホームランを放った関恭輔に目が行きがちだが、ホームランが出た後の集中打も、この試合の大きなポイントである。
 終盤に出たの長打のほとんどは、変化球を前で捉えた打球で、その裏には金木監督の的確な指示があったのだ。

 成城は、都大会本戦出場を懸けて3月21日に成城と対戦する。試合巧者ぶりを次の試合でも発揮出るか注目だ。

(取材=栗崎 祐太朗)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
東京都一次予選開幕!12試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
都立の強豪、好投手対決!都立小山台、転がす打球で紅葉川・小山を攻略!5試合を徹底レポート【東東京大会】 【ニュース - 高校野球関連】
第46回 成城高等学校(東京)【僕らの熱い夏2015】
大宮商・新座・和光・越生 【高校別データ】
松蔭 【高校別データ】
松蔭 【高校別データ】
松蔭・和光 【高校別データ】
成城 【高校別データ】
成城 【高校別データ】
和光 【高校別データ】
和光 【高校別データ】
春季東京都高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る