2018年10月20日 上柚木公園球場

岩倉vs立正大立正

2018年秋の大会 東京都大会 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

岩倉、仲俣の決勝三塁打と宮里の好救援で立正大立正に競り勝つ



先発・古城颯太

 両チーム、無失策。この時期の試合にしては、非常に引き締まった好ゲームになったが、大事な場面での1本が勝敗を分けることになった。

 立正大立正は1、2回戦に続き、打たせて取るタイプの古城颯太が先発。岩倉は身長165センチの左腕・櫛田彪雅が、今大会初先発した。

 1回表立正大立正は、1番・藏本大輔が四球で出ると、2番・大口佑希が送り、4番・溝口兼司の中前安打で還るという理想的な点の取り方で、あっさり先制した。

 しかしここから岩倉が踏ん張り、立正大立正にとってはホームが遠くなる。4回表は4番・溝口の四球と5番・亀山矩人の中前安打で一死一、二塁となったところで、岩倉は身長181センチ、背番号1の右腕・宮里 優吾を投入する。宮里は力のあるストレートとフォークボールなど落差のある変化球で立正大立正を抑える。

 すると4回裏岩倉は4番・荻野 魁也がレフト線近くに二塁打を放つと、ワイルドピッチで三塁に進み、6番・安部拓海の右前安打で同点に追いつく。

 試合のヤマ場は7回裏岩倉の攻撃であった。立正大立正の古城は6回裏に安打2本を喫してピンチを迎えたが、粘り強い投球で得点を許さなかった。しかしこの回が終了した時点で、球数は95球。少しずつ疲労が出始めていた。

【次のページ】 岩倉vs立正大立正(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第9回 神宮第二球場の思い出 ~東京五輪に始まり、東京五輪に終わる~【後編】【東京の高校野球】
第7回 五輪イヤーの2020年 東京都の高校野球を占う【東京の高校野球】
第6回 秋季都大会最大のジャイアントキリング 潜在能力高い二松学舎大附を破った明大中野八王子【東京の高校野球】
新設の21世紀枠で宜野座旋風 そして今も受け継がれる甲子園のDNA 【ニュース - コラム】
「沖縄強し」を全国に印象づけた時代を回顧 今でも語り継がれるベストゲームとは 【ニュース - コラム】
第9回 「沖縄強し」を印象づけた語り継がれるベストゲーム【沖縄の高校野球】
第643回 気持ちの強さと科学的なアプローチで春の飛躍へ 岩倉(東京)【野球部訪問】
第1075回 宮里優吾(岩倉)目標は千賀。伝家の宝刀・フォークを手にプロ入りの夢を目指す【後編】 【2019年インタビュー】
第1075回 宮里優吾(岩倉)最速147キロの剛腕は下積みを重ね、飛躍の瞬間を待ち続けた【前編】 【2019年インタビュー】
岩倉vs東京学芸大附【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
関東一vs立正大立正【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
都立高島vs岩倉【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
日体大荏原vs岩倉【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
立正大立正vs駿台学園【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
第884回 主将として、攻守のキーマンとして、荻野魁也(岩倉)はさらに己を磨く【後編】 【2019年インタビュー】
第884回 経験豊富な攻守の要・荻野魁也(岩倉)のルーツを探る【前編】 【2019年インタビュー】
岩倉 【高校別データ】
立正大立正 【高校別データ】
秋季東京都高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

岩倉次は菅生だぁ!!沖縄の卒業生 2018.10.22
何とか勝ち上がりましたね。
次も頑張れ✊‼️
岩倉勝ってベスト8いくぞー2000年商業科卒業 2018.10.15
去年果たせなかったベスト8目指して 岩倉野球で勝つぞ!!

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る