チャンスメイク・決定打を打った4番荻野の活躍で岩倉がベスト16!



岩倉の勝ち越しの瞬間

 ダイワハウススタジアム八王子の八王子vs岩倉の一戦。

 2回表、岩倉に先制点をもたらしたのは、4番・荻野 魁也の一打からだった。荻野は3球目を振り抜き、右中間への二塁打で先制のチャンスを演出すると、5番・岡根秀がレフト線へのタイムリーヒット。荻野が先制のホームを踏み、岩倉がリードを奪う。

 しかし相手は今夏の西東京ベスト8の八王子岩倉とすれば早く追加点を奪って試合の主導権を奪いたいところだが、八王子先発の北澤 壮汰の低めを丁寧に突いた投球の前に中々追加点を奪うことができない。

 だが、5回に8番・安部拓海がライトへのホームランを放ち、2対0と岩倉がリードする形で前半を折り返す。

 このまま岩倉が試合の流れをつかむかと思われたが、八王子が黙っていない。

 6回に2番・山﨑と3番・高橋 優介の連打でピンチを招くと、4番・宇田川のレフトへのタイムリーなどで2点を奪われ、岩倉は試合を振り出しに戻される。