2018年10月14日 多摩市一本杉公園野球場

二松学舎大附vs都立東大和

2018年秋の大会 東京都大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

恐怖の1番野村から打線着火!二松学舎大附が6回コールド勝ち!



野村 昇大郎(二松学舎大附)

 二松学舎大附の恐怖の1番が活躍を見せた。二季連続の甲子園出場に期待がかかる二松学舎大附。夏を経験したメンバーも多く残るが、打線の火付け役として期待がかかるのが1番野村 昇大郎である。夏では東東京大会で打率.778と高打率を残し、一気にブレイク。その野村は1番打者に座った。
「初球から打っていくつもりでした」
 いきなり野村は初球を打って右前安打。さらに盗塁を決め、1番打者としてチャンスメイク。しかし1回裏は無得点に終わったが、2回裏、揚野 公匠(2年)の中前適時打で1点を先制し、なおも二死一、二塁の場面で野村は2ストライク2ボールから5球目を振り抜き、ライトスタンドの最前列に飛び込む3ランを放ち、4点目。野村も「まさか入るとは思わなかった」と本人の驚きの高校通算第12号は大きな追加点となった。さらに4回裏にも押し出しで1点を追加する。

 投げてはエース・海老原 凪(2年)が好投。夏と比べるとピッチングに強さが増した。その要因として体ができたことと、投球フォームで右足の踏み込みが強くなり、リリースに入るまでの動きに力強さが増したことにより、ストレートは常時120キロ後半~132キロを計測しており、回転数が高いストレートは空振りが奪える。スライダー、カーブ、チェンジアップ系統の変化球を投げ分けながらピッチングを組み立てる。速球、変化球のコントロールも自在でピッチングにおいて全く隙がなかった。夏では球威不足という印象があったが、この数か月間でだいぶ印象が変わった。

 なかなか追加点を奪えなかったが、6回裏、第4打席を迎えた1番野村は「上位打線につなぐつもりで打席に入った」と、左中間へ二塁打。普通の打者ならばシングルでとどまりそうなところを50メートル5秒9の俊足を生かし、一気に二塁打へ陥れる好走塁を見せた。

 そして無死一、三塁から3番右田 稜真(2年)の左前適時打で6点目。さらに4番秋広 優人(1年)の中犠飛、5番石崎創大(2年)のフェンス直撃の二塁打、7番揚野の中前適時打で9対0。さらに8番山田 将義(1年)の右前適時打で6回コールド勝ちを決めた。

 すべては三塁打以外のヒットを打った野村から始まった。野村が打つと、一気に打線がつながる。打撃技術を見てもトップに入ってからインサイドアウトでインパクトを迎え、さらに腰を鋭く回転させて、ボールをぶつけることできており、かなり高い打撃技術を誇る選手だ。守備のレベルも高く、都内屈指の外野手として見ていい選手だろう。

 勝利を決めた二松学舎大附の市原監督は「勝てたことはいいんですけど、甲子園に行くというのは本当に大変で、冷めた感じで勝てるものではなく、死に物狂いでやって掴めるものなんです。実際に冷めたところがプレーに出ているところがあって、そこはしっかりと檄を入れました」と今日の内容には満足せず、さらに選手に高い内容を求めている。それでも市原監督の中で信頼が厚いのは、1番野村、3番右田だ。

「彼らは夏を経験していますから、緊張感をもってやっています」と、その言葉に右田はこう語る。

「夏を経験している選手が多いので、そこは大事にしています。その緊張感を経験が少ない選手たちに伝えているところです」

3回戦では東海大菅生と対戦する。右田は「この試合(3回戦)が第一関門。しっかりと力を発揮し、勝ち取ります」と意気込んだ。

 6回コールド勝ち。10対0の完勝をしても、さらに高いレベルを求める二松学舎大附はやはり隙がない。

 次の東海大菅生戦はハイレベルな熱戦が期待できそうだ。

(文=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
国士舘が優勝!日大三が初戦敗退の波乱があった秋季東京都大会を振り返る! 【ニュース - コラム】
第776回 日大三の初戦敗退から始まり国士舘の優勝で幕を閉じた秋季東京都大会を総括!【大会展望・総括コラム】
苦悩を乗り越えアベレージ140キロ計測!東京屈指の左腕・草薙柊太(国士舘)のオフシーズンの過ごし方とは? 【ニュース - インタビュー】
第797回 冬場の鍛錬と開き直りが成長に繋がる 草薙柊太(国士舘高)【前編】 【2018年インタビュー】
東海大菅生vs二松学舎大附【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
二松学舎大附vs共栄学園【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
第792回 甲子園の経験者が多く残る日大三と二松学舎大附が軸!秋季東京都大会の展望を占う【大会展望・総括コラム】
都立東大和vs郁文館【東京都 2018年秋の大会 東京都大会 一次予選】
二松学舎大附vs上野学園【東京都 2018年秋の大会 東京都大会 一次予選】
都立淵江vs都立東大和南【東京都 2018年秋の大会 東京都大会 一次予選】
第768回 経験者が残る日大三、二松学舎大附ともに秋は実力校と対戦!都大会出場を巡り各ブロックで好カードが満載!【大会展望・総括コラム】
第761回 高校野球ドットコム編集部が選ぶ東京都の侍ジャパンU17代表候補【大会展望・総括コラム】
第754回 西では日大三、東では二松学舎大付が制した東西東京大会を総括!【大会展望・総括コラム】
第723回 斎藤 未来也(関東一)力強さとスピードを兼ね備えた理想のトップバッターを目指して 【2018年インタビュー】
第476回 二松学舎大学附属高等学校 永井 敦士選手「潜在能力は鈴木 誠也級!?最終学年は勝負強い4番を目指す」 【2016年インタビュー】
第473回 二松学舎大学附属高等学校 大江 竜聖投手「ドラフト6位でもハートの強さで這い上がる!」【後編】 【2016年インタビュー】
第472回 二松学舎大学附属高等学校 大江 竜聖投手「勢いで投げていた1年夏と投げる怖さを知った2年夏」【前編】 【2016年インタビュー】
二松学舎大附 【高校別データ】
都立東大和 【高校別データ】
秋季東京都高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (14)

二松学舎大附なりふりかまわずOB 2018.10.15
次の菅生戦は厳しい試合が予想されます。しかし甲子園で勝ち進むには、ここで負けるわけにはいきません。かっこわるくても、地味でもいいので、なりふりかまわず勝ちにこだわった野球をしてください。
都立東大和得たものは?西東京太郎 2018.10.14
選手の皆さんお疲れ様でした。
ベンチワークも大いに反省しなきゃ、差は埋まらない!
都立東大和完敗だぁ !ob de ob 2018.10.14
世の中 そう甘くないことを思い知らさせられた。結果からして心技ともにテキ側が本校よりも上位だと認めざるを得ない。残念無念・・・。しかしながら選手諸君、落ち込むことはない。明日がある、明日がある! 気持ちを持ち直し、七転び八起きの精神で再起を図ろう・・・
二松学舎大附がんばれー‼︎二松生! 2018.10.14
応援してます!
二松学舎大附油断するな!yuni 2018.10.14
毎試合毎試合を大切にして欲しい
二松学舎大附学舎頂点ナカザイル 2018.10.14
手堅くコツコツ地味に時には派手に! 隙のない野球をして下さい。
二松学舎大附長打はいらないまる 2018.10.13
確実に次に回して一人ひとりホームに帰ってきてね!応援団ガンバってね!楽しくて仕方ない野球が見たい!
二松学舎大附ファイト~✊みっちー 2018.10.13
毎試合活躍する選手が色々出てきて、とても楽しみ♪実力揃いの一年生達もすごい。
夏と同じ、一戦一戦堅実に勝って駆け上がろう!!
二松学舎大附頑張れ!二松ナインオールドOB 2018.10.13
落ち着いて自分たちの野球をやろう。
右田を中心に繋いで打線爆発して、投打に隙の無い二松野球を!!
都立東大和応援行くぞ!!大和ファン 2018.10.12
相手は強い。
だけど勝てない試合は無い!
熱烈応援します!!頑張れ!!!
都立東大和勝利あるのみOB DE OB 2018.10.10
次の対戦が迫った。テキは二松学舎、相手にとって不足はない。平常心をもって望めば、必ずや勝利の女神は本校に微笑む筈。全員野球で対峙し、先方を蹴散らかそう!
二松学舎大附常にチャレンジ精神で!ねこ松くん 2018.10.09
元祖都立の星に負けるな!スクールカラーはどちらも緑で応援合戦も見どころ。
都立東大和ドーンっと行ってみよう❗坂上 2018.10.08
相手は夏の甲子園経験者も残るチーム。
おもいっきりいきましょう❗
都立東大和冷静に。OB 2018.10.06
接戦に持ち込む。走って、転がして、集中して、そして冷静に。勝てます!

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る