兼松千春が投打で活躍し、終盤に突き放し都立城東が勝利する!!



投打で活躍の兼松千春

 序盤から試合は動き、そしてバタバタと荒れていく。


 都立城東の先発・兼松 千春は初回にランナーを出すも、自らの牽制でアウトにするなど初回を無失点で凌ぐ。その裏の、都立城東は相手先発・飛渡翔太にヒット3本を浴びせて幸先よく先制点を奪うが、走塁ミスでこの回は1点止まりに終わってしまう。


 3回表の正則学園は、梨本監督のアドバイスが実を結ぶ。先頭の9番・安広東吾の打席で梨本監督が、「前に立て!!」とアドバイスが飛ぶ。1巡目の攻撃を見て、差し込まれ気味な打線に前に立つ工夫を見せる。その安広東吾がヒットを放つと、都立城東ナインが慌てだす。バント処理や送球ミスなどで正則学園が同点に追いつく。まだ。新チームで未完成な部分があるのがこの時期。記録には残らないミスや送球エラーなどが序盤は両校に出る。


 その後、3回裏にすぐさま都立城東も点を取りにかかる。無死、一三塁から3番・今井颯人の犠飛で勝ち越しに成功する。


 すると正則学園も、負けじと同点に持ち込む。先頭6番・飛渡翔太がヒットで出塁を果たす。犠打などで一死、二塁を作ると8番・伊藤憲稀がレフトにタイムリー二塁打を放ち追いつく。


 正則学園の先発・飛渡翔太と都立城東の先発・兼松 千春が荒れた序盤荒れた試合を落ち着かせる。飛渡翔太は、力のあるストレートを軸にフォークやスライダーなどで相手を中盤からは翻弄する。兼松 千春は、スピードはさほど出てはいないが、打者の手元でピュッっと伸びるストレートに思わず高めのストレートに正則学園打線も手が出てしまう。なおかつ、低めに丁寧にスライダーやスクリュー系統の球を集めていく。5回には、両チーム初の3者凡退で流れを持ち込もうと両校必死である。