2018年10月08日 立川市立川公園野球場

都立小平西vs海城

2018年秋の大会 東京都大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

都立小平西、左腕・野崎が存在感をみせ、海城を圧倒



野崎 師(都立小平西)

 この秋の1次予選で、これまでの実績からみて最大の波乱は、都立小平西日大鶴ヶ丘を破った試合だろう。果たして、都立小平西はどんなチームか。相手は、19年ぶりに本大会に駒を進めた伝統校であり、進学校である海城という、興味深い対戦になった。

 1回裏にマウンドに立った都立小平西のエース・野崎師の投球は、日大鶴ヶ丘を破った理由を推測させるに十分であった。キレのいい左腕独特のスライダーで、振り逃げになったものも含め、初回からいきなり奪三振2。ただ変化球が多いのが気になったが、「今日はストレートが良くありませんでした」と野崎は、その理由を語る。

 本大会の硬さもあってか、都立小平西は2回裏に二死二塁から、二塁手の失策があって、1点を失う。それでも野崎は、この回も2つの三振を奪っている。

 反撃をしたい都立小平西は、4回表一死後6番・木村歩夢が四球で出塁すると、海城の先発・中西巧は左腕であるにもかかわらず、二盗、三盗と仕掛けてきた。この盗塁は、石田幹雄監督からのサインであった。そして9番・柳田晃輔の右前安打で同点に追いつく。

 海城は、目立った選手こそ、いないものの、決して楽ではないブロックを勝ち抜いてきただけに、好投手にもしっかり食らいつく。4回裏には、4番・和田泰晟がライトへ二塁打を放つと、内野ゴロの間に三塁に進み、野崎のワイルドピッチで生還して、勝ち越した。野崎のスライダーなど変化球は、空振りを取れる球だけに、手元が狂えば、暴投のリスクがある。「マウンドの高さが合わなかったようです。どんなマウンドにも対応しないといけないのですが」と、都立小平西の石田監督は語る。

 前半健闘していた海城であるが、四球と失策で失点を重ねる。都立小平西は5回表、この回先頭の2番・石川駆が四球で出塁すると、3番・野崎の犠打に、海城の失策も重なり、石川は三塁へ。4番・高橋大紀の二ゴロの間に石川は生還して同点に追いつく。

 さらに6回表は2つの四球に9番・柳田の内野安打で無死満塁とすると、内野ゴロ2つに、海城の二塁手の失策もあって3点を追加する。

 こうなると都立小平西の野崎も落ち着いてくる。8回裏の海城の攻撃をわずか4球で切り抜けたように、ストレート主体の投球で海城打線を少ない球数で打ち取る。その結果序盤ハイペースであった奪三振は8であった。

 都立小平西は9回表にも1点を追加して6-2で勝利した。

 久々に秋の本大会に出場した海城は、キビキビとした動きで、さわやかな印象を残したが、四球と失策が失点につながると厳しい。ひと冬超えての成長に期待したい。

 都立小平西は、エース・野崎のストレートが本来の調子を取り戻せば、どのような投球をするのか。いずれにしても2回戦は、打力に自信を持っている国学院久我山との対戦になる。日大鶴ヶ丘に続き、杉並区の私立の強豪にどのような試合をするのか、注目される。

(文=大島 裕史)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
國學院久我山vs都立小平西【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
帝京vs海城【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権東東京大会】
日大桜丘vs都立小平西【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
壮絶なシーソーゲームは拓大一に軍配!!一回戦4試合を徹底レポート【西東京大会】 【ニュース - 高校野球関連】
第600回 【東京都展望】混戦が予想される今秋!大会序盤で早稲田実業・関東一などの優勝候補同士が激突か?【大会展望・総括コラム】
桜美林vs都立小平西【東京都 2017年秋の大会 東京都大会 一次予選】
海城vs豊島学院【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権東東京大会】
東西東京大会がいよいよ開幕!近年の開幕戦を振り返る 【ニュース - 高校野球関連】
第221回 【秋季東京都大会】今年の注目ブロックは?本大会をかけた一次予選の見所を紹介!【大会展望・総括コラム】
第157回 【第97回東東京大会展望】シード校はわずか6校!ノーシードの強豪も侮れない激戦の東東京!【大会展望・総括コラム】
海城 【高校別データ】
都立小平西 【高校別データ】
秋季東京都高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る