関東一、9回裏に逆転サヨナラ! 被安打4の好投、成蹊・廣渡力尽く



成蹊・廣渡優斗

 夏からメンバーが大幅に入れ替わった関東一は、どんなチームを作ってきたかが注目されたこの試合。近年の実績では、関東一が圧倒しているが、成蹊のエース・廣渡優斗の素晴らしい投球により、試合は息詰まる好ゲームになった。

 関東一の新エースは右腕の谷 幸之助。最速は145キロほどあり、ストレートには力がある。1回表も成蹊をあっさり三者凡退に抑えた。

 一方成蹊の廣渡も、ストレートに伸びがあり、ツーシームなどがコーナーを突いて、関東一打線を翻弄。3回まで1人も走者を出さず、投手戦を予感させる展開になった。

 関東一の谷は、いい時は手が付けられないほど素晴らしく、三者三振の回がある一方で、大きく崩れる回もある。4回表は、成蹊の4番・岡部大介を四球で出すと、5番・関口拓馬の犠打は野選になり、6番・村田知優が送って一死二、三塁としたが、7番・廣渡は三振に倒れ二死。8番打者で、身長が162センチと小柄な伊藤柊太が必死に食らいついた打球はセンター前に抜け、成蹊が1点を先制した。

 この1点が関東一に火をつけたか、4回裏は、この回先頭の1番・平川 嶺がライトへの二塁打を放ち、3番・平泉 遼馬が送り、4番・野口 洋介の遊ゴロで生還し、関東一が同点に追いつく。

 それでも、6回を終わり関東一が記録した安打は、平川の二塁打の1本のみ。7回裏にこの回先頭の平泉がこの試合チーム2本目の安打を放つと、続く野口は死球で、6番・村岡 拓海が送り一死二、三塁となり、続く代打の重政 拓夢は遊撃手への鋭い打球。これを成蹊の遊撃手・吉村純正が好捕。三塁走者の平泉はやや遅れてスタートを切り本塁に突っ込んだが、吉村からの好送球で本塁憤死。さらに続く渋谷 嘉人の三塁線へのライナーを、成蹊の三塁手・村田が飛びついて好捕。関東一に勝ち越しを許さない。

 すると8回表に成蹊は一死後5番・関口が中前安打で出塁し、6番・村岡が送り、7番・廣渡は遊撃手へのボテボテの当たり。これを関東一の遊撃手・渋谷が突っ込んだが、打球は渋谷のグラブの下を通ってレフト前に転がり、成蹊が待望の勝ち越し点を挙げた。

 7回のピンチを切り抜けたうえでの8回の勝ち越し点に、「あそこで舞い上がってしまいました。もう少ししっかりやらないといけませんでした」と成蹊の進藤友介監督は試合後に語った。

 関東一が初戦で敗退か。球場内もざわついてきたが、関東一の米澤貴光監督は、勝利への予感を抱いていたという。劣勢でもしっかり手を打って来るのが、強豪校だ。9回表には谷に代わり土屋 大和を投入し、土屋は三者三振で切り抜け、9回裏の攻撃に託した。

 9回裏関東一は一死後、3番・平泉が死球で出塁すると、代走の堀野滉朗が二盗を仕掛けた時、4番・野口が右前安打を打ち、エンドランの形になって、一、三塁にチャンスを広げる。さらに代打・長嶋峻佑が中前安打を放ち同点に追いつく。続く重政が死球で一死満塁とし、7番の渋谷の左犠飛で野口が生還し、関東一が底力を発揮して、2回戦に駒を進めた。

 それにしてもこの試合、関東一を被安打4の3失点に抑えた成蹊の廣渡の投球は見事であった。体格的には関東一の方がはるかにがっちりしているが、それでもがむしゃらに向かっていく姿勢は、高校野球の魅力を体現していた。強豪相手に善戦した自信と、勝ち切れなかった反省を胸に、春以降の成長を期待したい。

 関東一としても、負ければ尾を引く可能性があったが、「勝ったことで、強くなれる」と、米澤監督は勝利にホッとすると同時に、次の試合に向け1回戦での苦戦を、前向きにとらえた。

(文:大島 裕史)