国士舘が国際基督教大高をコールドで下して2回戦へ!



2回に犠牲フライを放った渡辺彪(国士舘)

 昨年の秋季東京都大会では4強、今年の春季大会は準優勝、夏の西東京大会でも4強と、前チームではあと一歩のところで頂点を逃し続けた国士舘。前チームとはメンバーが大きく入れ替わったが、この試合でも自力の高さをしっかりと示した。

 まずは1回裏、国士舘は二死二、三塁のチャンスから5番・澤野智弥の左前タイムリーで1点を先制すると、なおも二死一、三塁の場面で6番・森中 翼がセンター前ヒットを放つ。三塁ランナーが生還して2点を先制した国士舘は、これで試合の主導権を一気に握る。

 2回裏、一死二、三塁から2番・渡辺 彪の犠牲フライでさらに1点を追加すると、3回裏にも6番・森中のタイムリーツーベースでさらに1点を追加する。序盤から4点をリードし、試合を優位に進めていく。

 だが、追いかける国際基督教大高も中盤まで来ると、徐々に国士舘の先発・白須 仁久のボールに慣れてくる。
 5回表、二死二塁のチャンスを作ると9番・塚本将就のタイムリースリーベースで1点返す。点差を3点差となり、これで試合の流れは一旦イーブンとなったところで、試合は後半戦へと突入した。


6回を投げて4安打1失点に抑えた先発の白須仁久(国士舘)

 次の1点を取った方が、試合の流れを大きく引き寄せるだろうと予感させる中、追加点を奪ったのは国士舘だった。

 6回裏、国士舘は無死二、三塁のチャンスを作ると、相手のミスから大きな追加点を奪うことに成功する。なおも無死一、三塁とチャンスが続く場面で、国士舘は一塁ランナーがディレイドスチールをしかける。国際基督教大高からすれば、もうこれ以上は点を与えたくない場面だったが、またしても野手陣にミスが生じ、三塁ランナーがホームイン。その後、4番・黒澤 孟朗の犠牲フライでさらに1点を追加した国士舘は、この回一挙4得点。

 結局試合は、国士舘が7回にも1点を追加して7回コールドが成立。国際基督教大高のミスに付け込んだ国士舘が2回戦進出を決めた。
 試合後、国士舘の永田監督は「前のチームから残ったのが一人しかいないので、手探り状態で1カ月半くらいやって、やっとここまでという感じです。次はどこがきても、ウチは敵は己の心なので、一つ一つ勝ち上がっていくだけです」と語り、次戦に向けて気持ちを引き締めた。

 国士舘は、2回戦で昭和一学園と対戦することが決まった。昭和一学園は、1回戦で夏の東東京大会で準優勝は果たした都立小山台を下して勝ち上がってきた。勢いに乗る昭和一学園国士舘は食止めることができるか、注目したい。

(文:栗崎 祐太朗)