2018年09月23日 東海大菅生高校グラウンド

東海大菅生vs日大豊山

2018年秋の大会 東京都大会 一次予選 代表決定戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

成瀬、初回に特大3ラン!東海大菅生、日大豊山を投打に圧倒



二塁打の東海大菅生・石井

 昨夏の甲子園で4強の東海大菅生に、昨秋の都大会4強の日大豊山が挑んだ、1次予選で対戦させるのは惜しい、強豪対決。

 夏の経験者が多く残る東海大菅生はもちろん、日大豊山も選手個々のレベルは高く、東海大菅生の若林弘泰監督も、「てこずるかもしれない」と思ったという。ただ先制パンチがあまりに強烈で、相手の戦意を削ぐには十分な威力があった。

 東海大菅生は左腕の中村 晃太朗日大豊山は横手投げの瀬崎絢と、ともに夏を経験している投手が先発した。

 中村晃の球速は。130キロ台だそうだが、球が生きており、球速以上の球威を感じる。それでも1回表に日大豊山の3番・秋山拳士がしっかり打ち返して右前安打を放つなど、日大豊山打線も簡単には抑えられないように思えた。

 ところが1回表無得点で迎えた1回裏、東海大菅生打線が牙をむく。

 2番・今江康介が左前安打で出塁すると、いきなり二盗。東海大菅生はこのチームでは、よく走る。続く3番・小山 翔暉がセンターオーバーの二塁打を放ち、東海大菅生があっさり先制した。「この夏休み小山は、ホームランはゼロでしたが、しっかりヒットは打つようになりました」と若林監督は語る。

 4番・杉崎 成は四球の後、5番・成瀬 脩人は、レフトに度肝を抜くほどの特大3ランを放ち、4対0とした。1回の攻防で、東海大菅生の強さは半端ないと思わせるものであった。

 3回裏には四球の小山を1塁に置いて、4番・杉崎の二塁打で1点。5番・成瀬四球で、日大豊山は投手を鈴木進之助に交代したが、東海大菅生の7番・石井は、右中間を破る二塁打を放ち1点。さらに相手の失策で石井も生還した。

 4回裏には一死満塁から6番・中村洸星の強い当たりの打球は、二塁ベースの二塁手よりを抜けると、中堅手も追いつかず走者一掃の三塁打となり、10点差がついた。

 東海大菅生の中村晃は、5回を投げて3安打は喫したものの、四死球はなく、安定した投球で無失点に抑えた。日大豊山の福島直也監督は、あまりに一方的な試合に困惑の表情を浮かべながら「力の差です。もう一度鍛え直さないと」と語った。

 日大豊山は、実力は上位校の範疇に入る。しかし、この夏は関東一、昨秋は日大三、そして今回は東海大菅生と、トップクラスのチームには大敗している。「壁を感じています。そこを超えていかないと」と福島監督は語った。

 この秋の東京は、この夏の甲子園大会に出場した日大三二松学舎大附が経験者も多く残り、評価が高い。けれども、昨夏の甲子園の4強の東海大菅生を忘れてはいけないと思わせる、この試合の戦いぶりであった。エースの中村 晃太朗は安定していて、打線は強力。守備は田中 幹也がいた前のチームよりは見劣りしても、高いレベルにある。「三高や二松とはできるだけ当たりたくない」と語る若林監督であるが、日大三二松学舎大附に立ち向かうチームがいるとすれば、東海大菅生の名が真っ先に挙がるのではないか。

(写真・文 大島 裕史)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
ジャイアンツカップ優勝の定説は今年も健在!2016年優勝・湘南ボーイズの中心投手たちの現在 【ニュース - コラム】
第75回 2016年ジャイアンツカップ優勝の湘南ボーイズの中心投手が各校のエースへ成長!【高校野球コラム】
いざキューバへ!東京の精鋭20名のここまでの軌跡を振り返る! 【ニュース - コラム】
第827回 東京代表の軌跡!キューバ遠征を人生のプラスに!【大会展望・総括コラム】
第74回 斎藤佑樹が歩んだ早実の3年間 「自ら考え、実践する野球が最後に結実!」【後編】【高校野球コラム】
第819回 東京代表20名が発表!代表選手の特徴を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第810回 日大三の初戦敗退から始まり国士舘の優勝で幕を閉じた秋季東京都大会を総括!【大会展望・総括コラム】
第816回 打たせて取るスタイルに磨きをかける!中村晃太朗(東海大菅生)が目指す投手像 【2018年インタビュー】
第815回 日本一のキャッチャーに!小山翔暉(東海大菅生)が秋季大会で得たもの 【2018年インタビュー】
東海大菅生vs国士舘【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
東海大菅生vs岩倉【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
東海大菅生vs早稲田実業【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
東海大菅生vs二松学舎大附【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
東海大菅生vs桜美林【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
第717回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)「同じ岐阜県出身のライバルに負けたくない!」【後編】 【2018年インタビュー】
第645回 片山 昂星(東海大菅生)「神宮、そして甲子園を揺るがすスラッガーへ」 【2018年インタビュー】
第638回 田中幹也(東海大菅生)「美技の数々は積極的な姿勢と計算尽くされたポジショニングによって生まれた」 【2018年インタビュー】
東海大菅生 【高校別データ】
日大豊山 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る