聖徳学園、浅見の先制弾で流れを作り、都立拝島を圧倒



好投を見せた先発の久保春介(聖徳学園)

 聖徳学園は2年前、好投手・長谷川 宙輝(現ソフトバンク)を擁して注目されたが、打線の援護に恵まれなかった。しかし今回のチームには、本塁打を打てる選手が揃い、打撃には自信を持っている。
 ただし、聖徳学園の久保春介も、都立拝島の廣瀬朗竜、古滝悠貴も、この試合で登板した投手は緩急をつけるタイプで、とりわけ、都立拝島の2人の投手は、スローボールを多投した。

 長打力のあるチームは、こうした投手に対しては、ややもすると、はまって、打ちあぐねることがある。この試合でも聖徳学園は、最初の5人は凡退していたが、2回裏二死から6番・浅見明弘が振り抜くと、レフトフェンスを超える先制本塁打となった。この一発が、試合の流れを聖徳学園に持って来きっかけとなった。

 4回裏には、安打2本と四球で二死満塁とし、7番・松崎公亮は投手強襲の内野安打を放ち、1点を追加する。打球が投手を直撃したため心配されたが、都立拝島の廣瀬は続投した。
 一方の都立拝島は1回表、左前安打で出塁した1番・下重陽人が、2番・那須野陸の犠打で二塁に進み、5番・小川雄大の左前安打で本塁を突いたが刺され、得点できなかった。

 これで試合の主導権をつかみ損なったが、2点のリードを許した5回表、内野安打の7番・廣瀬が、8番・峰岸紅葉の犠打と、捕逸で三塁まで進み、下重の中前安打で生還して1点差に迫る。
 けれどもその裏、内野手の失策と、3番・小林 寛大の内野安打、4番・篠宮夢のセンターオーバーの二塁打などで聖徳学園は2点を追加して突き放す。
 8回表、都立拝島は2四球と内野安打で無死満塁のチャンスを作ったが、併殺の間に1人が生還しただけで、反撃に至らなかった。

 その裏、聖徳学園は5回途中から登板した古滝から、9番・三浦郁哉の適時打などで3点を追加し試合を決めた。
 聖徳学園の中里英亮監督は、「相手投手の遅いボールに対して、右打ちを心掛けました。またピッチャー(久保)は、丁寧にコーナーを突きました」と、試合を振り返った。次の相手は、日大三。「なかなか試合ができない強豪校。少しでもいい試合ができればと思います」と、抱負を語った。

 敗れた拝島であるが、1回と8回のチャンスに1本が出ていれば、もう少し接戦に持ち込めたはずだ。紙一重の違いを克服するために、投打とも、もう一段のレブルアップを期待したい。

(文=大島 裕史)