2018年09月17日 日大三高グラウンド

日大三vs都立杉並

2018年秋の大会 東京都大会 一次予選 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

日大三、夏苦戦の都立杉並に本領発揮の7回コールド



7回を奪三振9の無失点の好投を見せた廣澤優(日大三)

 

 この夏、甲子園でベスト4まで進出した日大三であるが、西東京大会の最初の試合では、序盤にリードを許し、あわや初戦敗退かという窮地に追い込まれた。それが都立杉並であり、都立杉並には、この夏のメンバーが結構残っている。日大三の新チームになっての最初の公式戦の相手は、またしても都立杉並である。それでも都立杉並の田北和暁監督は、「夏は夏ですから」と気を引き締める。一方日大三の小倉全由監督は、「やはり嫌ですよ。選手は硬くなっていました」と語る。

 日大三の先発は、背番号1になった長身の廣澤 優日大三の新チームになっての特記事項としては、主将は捕手の佐藤 英雄が務め、夏までには外野手であった前田 聖矢は二塁手になり、1番打者。4番は投手も兼ねる外野手の平野 将伍が担う。

 都立杉並は廣澤の速球に対し、ファーストストライクから積極的に打ちに来る。1回表、夏を経験している1番の井島 太輝もやはり、初球から打ちに来て、ファールで粘った末に、左前安打で出塁する。都立杉並はバントはせずに、続く打者も積極的に打ち来る。ただ、後続の3人は打ち取られる。

 2回表も、夏を経験しているこの回先頭の5番・関根 忠大が積極的に打って、左前安打で出塁する。関根は二盗で二塁に進むが、やはり送りバントはしない。

 「廣澤投手からバントは難しいこということがあります。それよりもしっかり振れば、チームも乗りますから」と都立杉並の田北監督は語る。都立杉並の積極的な攻撃に、日大三の小倉監督は、「1、2回はやられるのではないかと思いました」と語る。

 それでも廣澤は甲子園の舞台を経験し、一回り成長しており、落ち着いている。「最初は慌てていました。それでも、いつも通りコントロールを意識して投げるようにしました」と廣澤。快速のストレートだけでなく、スライダーやチェンジアップなどの変化球も有効に使い、2回も無失点に抑えると、徐々に投球にすごみが出てくる。

 一方都立杉並の先発は、背番号11の長身の左腕の大矢翔馬。日大三相手に完投は困難であり、どうつなげるかという中での、最初の投手である。

 大矢は1回裏こそ、左打者が続く日大三を三者凡退に抑えたものの、2回裏は4死球で押し出し。2番手の下手投げ、井島から1番・前田が中前安打を放ち2人が生還し、この回日大三は3点を先制する。

 3回裏も日大三は安打2本に相手外野手の落球などもあり2点を追加。

 4回裏も、新4番打者の平野がセンターオーバーの三塁打を放つと、返球のミスもあり一気に生還するなどして3点を追加し、試合を決めた。6回裏も安打2本で1点を追加する。

 投げては廣澤が7回を奪三振9の無失点に抑えた。

 夏の甲子園が終わって1カ月も経っていないが、廣澤は「たくさん食べることと、体幹を鍛えることを意識してトレーニングをしてきました」と語る。この夏対戦した金足農吉田 輝星に関しては、「すごいと思いました。吉田投手を目標にし、超えられるようになりたいです」と語った。

 一方敗れた都立杉並であるが、この2カ月余り、常に日大三を意識して練習をしてきた。「これまでは夏の続きで、夏が終わったという感じです。選手も疲れています。これからトレーニングをするよう、切り替えていきたい」と田北監督は語る。

 9月と言っても、まだ夏の暑さが残っているが、この夏都立杉並は、東京の高校球界で注目される存在になった。ここで一旦リセットし、さらに鍛えられたチームの成長に期待したい。

(文=大島 裕史)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
オリックスの先発ローテーションに漆原大晟(新潟明訓出身)ら大卒投手は加わるか? 【ニュース - 高校野球関連】
山本由伸など投手の大豊作の1998年世代。野手で急浮上している選手は?? 【ニュース - 高校野球関連】
第7回 金足農の県勢103年ぶりの決勝進出で改めてその存在がスポットを浴びた秋田県【公立校特集】
第1104回 ドラフト6位でも大成の可能性を秘めた井上広輝(日大三-西武)。高卒プロは常に考えていた 【2020年インタビュー】
第9回 神宮第二球場の思い出 ~東京五輪に始まり、東京五輪に終わる~【後編】【東京の高校野球】
第7回 五輪イヤーの2020年 東京都の高校野球を占う【東京の高校野球】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第4回 1つの『転』機となった2019年東京都の高校野球 今年を表す漢字は『転』しかない!【東京の高校野球】
帝京vs日大三【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
日大三vs東海大菅生【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
日大三vs安田学園【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
日大三vs八王子【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
錦城vs日大三【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
第948回 名将・前田監督からの評価も高い逸材二塁手・小松涼馬 どの舞台でも結果を残す勝負強さが最大のウリ【前編】 【2019年インタビュー】
第922回 憧れは鈴木誠也。センバツでも絶対的なクラッチヒッターへ 水谷祥平(龍谷大平安)【後編】 【2019年インタビュー】
第890回 ノルマは1日500スイング!打撃向上の礎となったのは毎日の継続力 瀬尾秀太(山口東リトルシニア) 【2019年インタビュー】
都立杉並 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る