ヒット1本に抑える粘りの投手リレーで日大一が都大会へ!



勝利した日大一

 風が心地いい9月中旬。日大一筑波大附の試合は最後までどちらが勝つかわからない白熱の展開となった。

 試合が動いたのは4回表、日大一打線は3番・平野 啓介が四球を選ぶと、続く4番・内田太陽がライトへ放ったヒットで一塁ランナーの平野が一気に三塁まで進み、無死一、三塁。

 先制のチャンスに打席の5番・内田貴一はセンターへの犠牲フライで応えてランナーが生還。日大一に待望の1点が入った。

 日大一の先発・岩瀬昴大はリードをもらって以降も自身のピッチングを貫き、筑波大附打線からアウトを積み重ねていき、6回無失点の好投を見せ、2番手の梅村隆誠にバトンを託す。

 7回からマウンドに上がった日大一の2番手・梅村は先頭の筑波大附の2番・野村海翔に死球を与える不安な立ち上がりとなったが、続く3番・斉藤慎太郎を併殺打に仕留める。ベンチに戻ると安堵の表情を見せた。

 追加点を奪いたい打線は、筑波大附の原と2番手・加門の前になかなかチャンスが作れずにいた。しかし8回に追加点を奪う絶好のチャンスが訪れる。

 一死から日大一2番。入江 修平がセンター前へヒットを放ち、追加点を奪うキッカケを作る。続く3番・平野の打球を筑波大附の野手のエラーで一死一、二塁のチャンス。ダメ押しの1点を奪い、この試合を決定づけるかと思われたが、後続のバッターたちが倒れ、チャンスを逃してしまう。