前半攻めあぐんでいた城東だったが、6回に逆転しリード守り切る



1失点に抑える好投を見せた城東・原川君

 この夏は東東京大会5回戦(ベスト16)まで進出した都立城東。すっかり都立の有力校としての位置は確立している。一方、都立富士森は目標としていたベスト8に届かず、西東京大会の3回戦で都立田無に敗退している。お互いに、しっかりと練習を積んできているチーム同士でもあり、好試合が期待された。

 ただ、秋季大会の最初の試合は、やはり緊張感でプレーが硬いということも否めない。都立城東などは、夏の経験者も多くいたのだが、それでもやはり、「これからは自分たちのチームなんだ」という思いの気負いというか、そんな要素も重なっていささか硬くなっていたこともあったのではないだろうか。
 先制したのは都立富士森で2回、下位からだったが森田君と柴崎君の安打などで二死一三塁という場面を作り、9番御木君の一打は大きく跳ねて一塁手が捕球したが間に合わず内野安打となり、その間に三走が生還した。

 都立城東は4回まで何らかの形で毎回先頭打者を出していたが、牽制死や盗塁失敗に2つの併殺打で三塁まで進めることも出来ずことごとく好機を作り切れなかった。こうして、1対0で都立富士森がリードしたまま後半に突入していった。都立城東サイドとしては、いくらか歯がゆい展開になりかかってきていた。ただ、先発の左腕原川君は2回こそややアンラッキーな形もあって3安打で1点を失ってはいたものの、その他のイニングは失策の走者は出してもしっかりと自分の投球が出来ていた。それだけに、打線が何とか援護をしたいところでもあった。

 そんな6回、都立城東は先頭の2番兼松君が三塁内野安打で出塁すると、ここで都立富士森の広瀬勇司監督は思い切って、ここまで粘っていた柴崎君を下げて二塁手の背番号10森田君をマウンドに送り出した。その代わり端を3番原川君は捉えて右前打。さらに四球で無死満塁。都立城東としては願ってもない好機を得たのだが、ここで5番設楽君が、やや前にいた右翼手の頭上を越える当たりで三塁打となり走者一掃。さらに続く今井君も中犠飛でこの回4点が入った。

 これでやっと都立城東としては安堵というか、試合の流れを自分たちの側へ呼び寄せることが出来た。原川君は、7~9回も二死から安打を許すこともあったものの、終始落ち着いていた。

 内田稔監督は、「来週は、ウチは文化祭なんですよ。そんなことで、どこかちょっと浮わッついているところもあるのかもしれませんから、引き締めなくてはいけませんけれども…」と苦笑していた。「夏のメンバーも、多く残っているのですけれどもね、最初の公式戦は、こんな感じになってしまうのでしょうか」と、2001年夏には、自身が甲子園出場を果たしている母校を率いての采配だが、学校も現在は改修工事ということもあり、さまざまな面で、いくらか不十分な状態を感じているところもあったようだ。

(文=手束 仁

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。