2018年09月08日 佼成学園グラウンド

八王子実践vs都立桜修館

2018年秋の大会 東京都大会 一次予選 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

打線爆発で15得点!八王子実践が1回戦を突破!



先発し好投を見せた1年生エースの後藤結人(八王子実践)

 遂に秋季東京都大会一次予選が開幕した。佼成学園グランドの第2試合では八王子実践都立桜修館が激突し、試合は序盤から八王子実践打線が火吹く展開となった。

 1回表、八王子実践は1番・前田哲大のツーベースなどで一死三塁のチャンスを作ると、3番・田村慈英がセンター前へポトリと落とすタイムリーヒットでまずは1点を先制する。さらにその後、二死二塁と再び得点圏にランナーを進めると、5番・片江健斗がセンターオーバーのタイムリーツーベースを放って二塁ランナーが生還。その後さらに2点を追加した八王子実践は、初回だけで4得点。いきなり強烈な先制パンチを食らわせた。

 続く2回も、八王子実践の勢いは止まらない。ヒットなどから一死二、三塁のチャンスを作ると、3番・田村慈英がライトオーバーのタイムリースリーベースを放ってランナー二人が生還。さらに中継が乱れる間にバッターランナーの田村もホームをかけ抜け、この回3点目。3回にも2点を追加した八王子実践は9対0とその差を一気に広げ、序盤からワンサイドゲームの展開を作っていく。

 少しでも差を縮めていきたい都立桜修館は3回裏、先頭の1番・長良がセンターオーバーのスリーベースを放ってチャンスメイクすると、2番・石塚がライト前へタイムリーを放ち反撃の狼煙を挙げる。さらにその後、一死一、三塁と再び得点圏にランナーを進めると、5番・赤木がショートへのゴロを放ち、この間に三塁ランナーが生還。この回2点を返し、何とか勝利への糸口を見つけようとする。

 だが、八王子実践はそんな都立桜修館一気に突き放す。直後の4回に4番・片江健斗のタイムリースリーベースなどで2点を追加すると、5回にも4点を挙げて、これで完全に都立桜修館の反撃を鎮圧した。結局、試合は15対2の5回コールドで八王子実践が1回戦を突破した。

 試合後、八王子実践の西田監督は「夏からのメンバーの前田が流れを作ってくれました。初回に点が取れたのが大きかったです」と語り、打線が繋がった要因を明かした。

 また、1年生ながら背番号1を背負い、先発のマウンドに登った八王子実践のエース・後藤結人は「3回に取られた2点は、球が甘くなりました。そこを修正して来週の佼成学園戦に臨みたいです」と力強く話し、来週の佼成学園との代表決定戦に向けて意気込みを語った。

 八王子実践佼成学園の代表決定戦は、9月15日に佼成学園グランドにて行われる。

 

(文=栗崎 祐太朗)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
早大学院vs八王子実践【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
熱戦続く東京の春!4試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
八王子実践vs本郷【東京都 2019年春の大会 春季大会 一次予選】
東京都一次予選開幕!12試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
都立江戸川vs都立町田工【東京都 2018年秋の大会 東京都大会 一次予選】
聖徳学園vs都立拝島【東京都 2018年秋の大会 東京都大会 一次予選】
駿台学園vs豊南【東京都 2018年秋の大会 東京都大会 一次予選】
第754回 西では日大三、東では二松学舎大付が制した東西東京大会を総括!【大会展望・総括コラム】
第500回 【東東京展望】混戦が予想される東東京大会!序盤から目が離せない好カードが続出!【大会展望・総括コラム】
第413回 いよいよ秋到来!国士舘vs國學院久我山など東京都一次予選から見逃せない好カードは?【大会展望・総括コラム】
第388回 個性のぶつかり合いを制した関東一の底力!!【東東京大会総括】 【大会展望・総括コラム】
第333回 【西東京 抽選後 展望】日大三、東海大菅生は厳しいブロックか?早稲田実業の最初の関門は?【大会展望・総括コラム】
都立桜修館 【高校別データ】
八王子実践 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る