繋いで点数をもぎ取った東海大高輪台がベスト16へ!

 東東京はいよいよ4回戦に突入した。ここで勝てばベスト16入りが決まる一戦で、東海大高輪台東京成徳大高が江戸川区球場で激突した。

 まず始めにマウンドに上がったのは、東海大高輪台の背番号9番・杉崎夏輝。右のスリークォーターで、スピードある真っ直ぐと横のスライダー、そして緩急利いたカーブを中心にピッチングを組み立てていく速球派右腕。

 その杉崎は2回に東京成徳大高4番・齋藤大輝に三遊間を破るレフト前と、2つの犠打で二死三塁にランナーを背負うも、8番・東野一志を三振に打ち取り、無失点で2回まで来る。

 すると直後の攻撃で、東海大高輪台打線が杉崎を援護する。
 一死から5番・覚田宗一郎がレフトへのヒットでチャンスメイクすると、続く6番・伊東 翼が死球で一死一、二塁として後ろに繋ぐ。7番・久保航平はセカンドゴロで二塁フォースアウトになるが、二死一、三塁。ここで8番・木下 優成が一、二塁間を破るタイムリーを放ち、東海大高輪台が二死から先制点を上げる。

 この1点でリズムが出てきた杉崎は3回、東京成徳大高の8番・須山恭佑を三振に仕留めるなど、三者凡退で東海大高輪台に勢いが出てくる。

 3回には1番・宮下歩がセンター前へヒットを放って追加点のチャンスを演出すると、続く2番・三浦諒大の送りバントを相手がエラーをして、無死一、三塁のチャンスが広がる。
 ここで3番・佐藤 豪紀がキッチリレフトへタイムリーを放って追加点を入れると、この回の東海大高輪台打線は東京成徳大高の先発・滝本唯星の甘いボールを逃さないバッティングでこの回一挙4得点で試合の主導権を握る。

 3回以降も真っすぐとスライダーを軸に東京成徳大高打線を抑えていた東海大高輪台の杉崎だったが、5回に5番・滝本と6番・阿部健太郎に連打を浴びて無死一、二塁される。その後、2つのバントを決められ1点を失うも、着実にアウトを重ねて5回終わって5対1とする。

 そして整備が開けると、東海大高輪台は杉崎に代えて、背番号10の右のオーバースロー、岡本哲弥がマウンドに上がる。その岡本は立ち上がりを三者凡退に抑え良いスタートを切りたかったが、東京成徳大高打線が黙っていない。

 6回の先頭バッター、1番・古田大貴がセンター前と盗塁を決めて無死二塁のチャンスを作ると、2番・笠原康平の送りバントを味方のエラー。このプレーで古田が一気にホームに生還して5対2。出鼻をくじかれた東海大高輪台は、少し嫌な形で失点した。

 だがこの失点を取り返すように東海大高輪台は6回に猛攻を見せる。先頭の8番・木下のセンター前を皮切りに追加点のチャンスを作ると、続く9番・岡本の送りバントを相手がミスをして無死一、二塁。この場面で1番・宮下が、東京成徳大高の滝本が投げた初球の内角真っすぐを逃さず右中間に運ぶ三塁打。この当たりでさらに1点を追加すると、3番・佐藤、5番・覚田、7番・久保のタイムリーなどで一挙5得点。東海大高輪台が9対2と大幅なリードを奪って試合を決定づけた。

 最後は東京成徳大高の6番・阿部にヒットを許すも、後続のバッターを抑えてゲームセット。9対2の7回コールドで東海大高輪台が5回戦進出を決めた。

 東海大高輪台の攻撃は長打で繋ぐというよりも、バントなどの小技を挟みながら連打で繋いでいく印象を受けた。一度波に乗ったら止められない恐ろしい打線だ。次戦は春の都大会ベスト8の帝京と激突。果たしてどんな試合を繰り広げるのか。注目だ。

(レポート=編集部)