都立の強豪・江戸川区ダービーを都立江戸川、船津の好投で制す

 ともに上位進出の実績のある都立の強豪。しかも同じ江戸川区にあり、互いをよく知るダービー対決になった。

 打撃のいい両チームだけに、点の取り合いになることも予想されたが、都立江戸川の先発・船津 遼太が縦の変化球を駆使して好投すれば、身長160センチと小柄な藤本一等は、外角から食い込む、スクリューボールのような球で、都立江戸川打線を翻弄する。しかも両チームとも守備が堅い。特に4回裏に都立江戸川の二塁手・吉野陸人が一二塁間のゴロを、素早くさばいたプレーなどは、広島の菊池涼介を彷彿させるダイナミックなプレーであった。

 5回を終わって両チームともに2安打ずつ。テンポ良く試合は進んだ。

 5回が終わるとグラウンド整備のため、しばらく試合が中断する。この中断で試合の流れが変わることは、よくある。この試合では、6回表の都立江戸川の攻撃はあっさり2アウト。投手戦の流れは引き継がれたかに思えたが、今大会あたっている吉野の遊ゴロを、篠崎の遊撃手・菅野 翔太がエラー。続く2番・尾頭辰悟がレフトオーバーの二塁打を放ち、吉野が生還し、都立江戸川が待望の先取点を挙げた。

 反撃をしたい都立篠崎は、7回裏連続三振であっさり二死となったが、6番・佐藤恭一、7番・亀田晶太の連続安打で一、二塁とし、好投した8番・藤本に打順が回ってくる。1点を追う都立篠崎は、藤本に代打を送るが、得点にはつながらない。しかも藤本に代わり登板した高橋光が打ち込まれる。

 8回表都立江戸川は、安打2本と四球で一死満塁とし、3番・清水栄佑が右中間を破る、走者一掃の三塁打を放った。さらに続く代打・田澤昇太に死球の後、5番・鈴木颯人の左中間を破る三塁打で2人が生還。さらに6番・鎌田大吾のセーフティスクイズでは、投手からの送球を受けた捕手が、三塁走者にタッチに行かず、そのまま一塁に送球した。タッチに行ったところで、アウトになるかどうかは分からないが、コールドゲームが成立する7点差となる得点だけに、攻めの守りをしてほしかった。

 結局、8対1の7回コールドで、都立江戸川がご近所対決に勝利した。

 都立篠崎は1年生から試合に出ている大關 月人菅野 翔太の二遊間コンビをはじめ、好プレーヤーが多いだけに、この段階での敗戦は惜しまれる。

 一方都立江戸川は、春から投打ともにしっかり仕上げてきた。混戦の東東京で、都立旋風を起こすことができるか、今後の戦いが注目される。

(レポート=大島 裕史)