打線好調の日大一が4回戦進出!

 厳しい日差しが容赦なく降り注ぐ江戸川区球場の第2試合、日大一昭和一のゲーム。

 日大一の先発は山本航輝。セットポジションから軸足でしっかり立ってタメを作り、スリークォーター気味の腕の振りから力強い真っ直ぐとスライダー、カーブ、そしてチェンジアップを駆使する。その山本は初回を三者凡退でスタートし、打線にリズムを与える。

 日大一は直後の攻撃、先頭の1番・横田基樹が昭和一の先発・小林世の緩い変化球を手元まで引き付けてライトへ流し打ち。早速チャンスを作ると、2番・入江 修平が三振に倒れたあと、3番・平野 啓介がエンドランを成功。一死一、三塁の先制のチャンスを迎える。
 しかし、4番・長瀬俊祐、5番・武藤就彬から快音響かずこの回は無得点に終わる。

 日大一の山本は初回以降も三者凡退を続けてきたか、4回にピンチを招く。昭和一1番・溝口透に初めてヒットを許し、ランナーを背負う。2番・加藤匠人には送りバントを決められ得点圏にランナーを進められると、3番・白鳥将梧に外の真っ直ぐを合わせられライト前ヒット。ニ塁ランナー・溝口が一気にホームを狙い、日大一が失点するかと思われた。

 しかし、このピンチを救ったのがライト・平野だった。素早く打球までチャージをかけると、その勢いで投げられたボールはノーバウンドでホームに。キャッチャー・入江がそのボールをキャッチして、タッチアウト。味方の好守に助けられたマウンドの山本は、後続のバッターを抑え何とか無失点で4回を切り抜けた。

 このピンチを切り抜けた日大一は、直後の攻撃、5番・武藤がレフト前ヒットでチャンスメイクすると、6番・石倉佳悟が送りバント。しかしその打球はキャッチャー前。バント失敗と思われたが、相手野手のミスでオールセーフ。無死一、ニ塁のチャンスとすると、続く7番・山本は三振に倒れるも8番・寺園了麻がセンター前ヒット。武藤が気迫のヘッドスライディングでホームインし、先取点が日大一に入る。

 日大一の攻撃はまだ終わらず、9番・亀山昂泰のセンターへの犠牲フライや、1番・横田から4番・長瀬までの4連打なとでこの回一挙5得点で主導権を握る。

 リードをもらった日大一の山本は5回も無失点に抑えて、試合の流れを確実に引き寄せると、直後の5回攻撃で、センターにヒットを放って自らのバットで追加点のチャンスを作る。このチャンスを8番・寺園の進塁打と、1番・横田のタイムリーで返し前半を6対0で折り返す。