東海大高輪台が地力の高さを発揮。7回コールド勝ち

筑波大附vs東海大高輪台と首都大学リーグのような対決が実現した。まず先制したのは東海大高輪台

 3回表、9番杉崎 夏輝(3年)の内野安打、1番宮下歩(3年)の犠打安打でチャンスを作り、3回裏、筑波大附は一死一塁から7回表、一死一、二塁から2番久保が中前適時打を放つ。3回裏、一死一、二塁から敵失が絡み、まず同点に追いつくと、4番齋藤 慎太郎(3年)が左前適時打を放ち、勝ち越しに成功した。

 だが、5回表、東海大高輪台がは反撃。こちらもミスからチャンスを作り、2番久保 航平(3年)の適時打で同点。さらに敵失も絡んで勝ち越しに成功する。

 6回表には、二死一、三塁からバッテリーミスで1点を追加し、3番佐藤 豪紀(3年)がストレートをとらえセンターの頭を超える適時二塁打、4番瀬戸 涼太郎(3年)の二塁打で計3点を追加した。

 7回表、2番久保の適時打で1点を追加すると、二死二、三塁となって、4番瀬戸が右越えの適時二塁打で2点を追加。9対2と点差を広げた。

 投げては2番手の岡本哲弥(3年)が後続を抑え、7回コールド勝ち、5回以降に突き放した東海大高輪台がコールド勝ちで4回戦進出を決めた。

 接戦ムードで、5回までは筑波大附が押している雰囲気があったが、後半戦になると東海大高輪台がじわじわと自力の高さを発揮したゲームとなった。

 東海大高輪台が伝統的に好野手が育つが、今年は3番佐藤豪紀がピカイチ。スクエアスタンスで構える姿はどっしりさがあり、深くトップを作って、腰を鋭く回転させてスイングを行っていく。インパクトに力強さがあり、鋭い打球を連発する。遊撃守備を見ると肩はかなり強く、深い位置からでも鋭いスローイングができる選手で、さらに視野の広さが魅力で、5回裏、二死一、二塁のピンチで三遊間への深い打球。二塁走者の動きを見て、すぐに三塁に送球して、アウトにさせたファインプレーを見せた。

 まだ二塁手の宮下、三塁手の伊東 翼など潜在能力が高い選手がおり、彼らの打棒が爆発すれば、もっと怖い打線となるだろう。

(レポート=河嶋 宗一