先発全員安打の大爆発で日大一が勝利!

 少し涼しくなってきた江戸川区球場の日大一都立農産の第3試合は、日大一打線が大爆発した一戦だった。

 日大一の1番・横田基樹は、都立農産の先発・鈴木雄太の甘く入ってきた変化球をセンターに打ち返し口火を切ると、2番・入江 修平と3番・平野 啓介が四球を選ぶ。

 いきなり無視満塁のチャンスを作ると、打席の4番・長瀬俊祐は鈴木の4球目を手元まで引き付けてライトへ流し打ち。三塁ランナー・横田が先制のホームを踏む。

 ここからの攻撃が凄まじかった。5番・武藤就彬のレフトオーバーの二塁打で2点を追加すると、途中相手のミスも重なって打者一巡の猛攻となり初回だけで10点。日大一が大幅にリードする。

 大量リードを受けた日大一先発は背番号20の2年生サウスポー・岩瀬 昂大。真っ直ぐを内角に集める強気なピッチングスタイルで都立農産打線に付け入る隙を与えず、3回まで全てのイニングを三者凡退にまとめる完璧なピッチング。試合の流れを確実に日大一に引き寄せる。

 一方の打線は初回以降も猛攻が止まらない。3回には先頭の6番・石倉佳悟がレフトへのヒットでチャンスを作ると、続く7番・寺園了麻がライトへ二塁打でチャンスを広げる。ここで8番・岩瀬が2打席連続となる三塁打、9番・亀山昂泰のヒットで日大一はリードをさらに広げる。

 何とかランナーを溜めて1点ずつ返していきたい都立農産は、4回に1番・小泉洸太にレフト前へのチーム初ヒットを打たれる。この試合初めてランナーを背負ったマウンドの岩瀬は少し制球が乱れてカウントが悪くなったが、野手の守備に助けられ、この回も無失点で終える。

 5回にもさらに11点を加えた日大一は、最後は2番手・上野卓也が三人で抑えてゲームセット。日大一が大勝で3回戦へ駒を進めた。

(レポート=編集部)