5回の集中打で都立篠崎が一気に試合を決める

 都立篠崎の髙橋光と都立荒川工の松村由大の左投手対決。互いの立ち上がりはまずは見ていく。

 都立篠崎の髙橋は力のある真っ直ぐを軸に、縦のスライダー、カーブでカウントを稼ぐだけでなく、時には決め球として投げる計算できる投手。初回は二死から都立荒川工の3番・安保弘希と4番・本田朋也に連続でヒットを許すも、続く5番・倉田元樹をレフトフライに仕留めて、何とか無失点で立ち上がる。

 一方の都立荒川工の松村は身長181㎝、体重76キロの恵まれた体格の左腕。こちらも真っ直ぐと縦のスライダー、カーブを持ち球で、ストライクゾーン近辺にボールを集めて勝負するピッチングが持ち味。その松村の前に都立篠崎打線は初回は三者凡退。2回は5番・阿部怜人が四球で出塁するも、6番・佐藤恭一がセカンドへの併殺打に抑えられてしまう。

 都立篠崎の髙橋は守備からリズムに乗った都立荒川工の攻撃を受け、2回は一死一塁で8番・松村の打席の5球目でエンドランを敢行。松村が放った打球がサードの横をライナーが抜けるかと思われた。しかしサード・川田晃士郎のファインプレーにも助けられ何とか得点を与えない。

 ピンチの後にチャンスあり。3回、一死から、8番・髙橋が相手のエラーで出塁する。さらに一塁にいた際、松村が投げた牽制球が逸れ、髙橋は一気に三塁まで進み、一死三塁にする。ここで、先ほど好守を見せた9番・川田がスクイズ。打球はピッチャー方向へのフライとなるが、前に猛ダッシュをかけていたマウンドの松村の頭上を越え、三塁ランナー・髙橋がホームイン。都立篠崎に思わぬ形で先制点が入り込む。

 さらに都立篠崎は4回、2番・大關 月人と3番・池田来夢の連続ヒットでチャンスを作る。ここで4番・宮前太揮の送りバント、5番・阿部の四球で一死満塁とすると、6番・佐藤のライトへタイムリーを放ち2点を追加する。

 リードをもらって楽になった髙橋は、テンポ良くバッターに向かってストライクを投げ込んでいき、守備の時間を短くしていくと、回を追う毎に都立篠崎の中で良いリズムができてくる。

 すると5回の攻撃で、都立篠崎打線が爆発する。3番・池田、6番・佐藤、7番・亀田晶太の三塁打など打者一巡の猛攻で7点を奪う。これで10対0となり、都立篠崎は5回コールドで3回戦進出をを決めた。

(レポート=編集部)